中年の宿命?下腹だけ太る原因と対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

【ダイエットしてもなぜかお腹だけ痩せない】【痩せ形体系なのに下腹だけぽっこり】そんなダイエット中の女性を悩ますポッコリおなか。

いくら手足が細くなっても、ぽっこりと突き出た下腹が目立ってしまうと実際の体重よりも太くみえてしまったりボディラインのくずれにもつながります。

中年になるとなりやすいポッコリお腹ですが、基礎代謝も下がってなかなか痩せないからと言って諦めは禁物!

きちんと原因を理解して、適切な対処をすることでポッコリお腹は解消することができます。

原因その1:腸内に蓄積される便秘やガスが原因

まず、突き出た下腹の原因として一番多いのが腸内環境の乱れによる便秘やガスの蓄積です。

身体の冷えや乱れた食生活、ストレスなどによって腸内環境が悪化し、消化器官や腸の働きが鈍くなると本来ならば便となって体外に排出されなければいけないような食べ物の残りかすや腸内細胞の死骸などが正常に排出されずに腸内に蓄積されポッコリおなかに。

また、蓄積された老廃物は腸内で少しずつ腐敗や発酵がすすみ有毒なガスの排出を始めます。そのガスが排出されずに腸内に溜まっている状態もへっこまないお腹の原因です。

改善するには腸内の環境を整え便秘を解消することです。

便秘解消に効果的な食物繊維の多い野菜をたっぷり使ったバランスの良い食生活を心がけ、適度な運動を取り入れましょう。また、ヨーグルトなど発酵食品は便秘の原因となる悪玉菌を減らし善玉菌を増やす効果に優れていているので、意識して毎日の食事に取り入れることで腸内細菌のバランスが整い便秘が解消されます。

原因その2:骨盤のゆがみ

次に長時間のデスクワークなど同じ体制が毎日続くと、骨盤や背骨など体の中心となる骨にゆがみが発生し、お腹まわりの筋力が低下していくことでお腹まわりに脂肪がつきやすくなります。

とくに骨盤のゆがみによって蓄積された脂肪は運動や食事制限では落とすことが難しく、原因となっている骨盤を元の位置に戻してあげなければ解消することはできません。

簡単な骨盤矯正ストレッチを取り入れて骨盤の位置を正常に戻してあげることでポッコリお腹は解消できます。

  1. まず、両足のかかとを合わせてつま先を90度に開きます。
  2. 左手のひとさし指を立て右手で握り“忍者のポーズ”を作ります。
  3. 鼻からゆっくり息を吸いながら、腕をまっすぐ真上にあげて握ったひとさし指をねじりながら、かかとを付けたままつま先立ちします。
  4. 下腹部に力を入れて、“ふ~”と息を吐きながらその状態で5秒間停止します。これを5回繰り返します。

このように簡単なストレッチでも続けることで高い効果を発揮します。

便秘の解消や骨盤のゆがみを直してポッコリおなかを改善しましょう!

今売れている便秘解消サプリ
おなか端麗

個人の体験などをもとにした内容となっています。記事を参考にダイエットをお試しの際は、健康状態や安全面に十分配慮のうえ、正しい方法でおこなってください。

↑ このページの上部へ