体内酵素をダイエットに活かせる!ウワサの「8時間ダイエット」の方法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

「8時間ダイエット」をご存知ですか?この方法なら、何でも好きなものを食べても痩せられる魔法のような方法だと言われています。

果たして、そんな夢のようなダイエットは実在するのでしょうか?

8時間ダイエットで痩せる理由と、成功させるコツを紹介します。

8時間ダイエットって何!?

食事する時間を1日の内8時間だけに限定する、というダイエット方法です。

例えば午前9:00に朝食をした場合は17:00以降は何も食べない、朝食なしで12:00にお昼を食べたら20:00以降は何も食べない、ということです。

ちなみに、食事しても良い8時間は何を食べても良いと言われています。

1日の中でプチ断食を行うようなものです。

8時間ダイエット、どうして痩せる!?

8時間しか食事出来ないけれど、その間なら何を食べてもいいなんて素晴らしいですよね。

人の体は食事をするたびにまずは消化しようとします。食事する量が多いほど、体の働きが消化活動に集中し、胃腸は休まる時間がありません。

また、消化しきれなかった分は脂肪としての蓄えに回されてしまうので、太りやすい体になります。

食事の時間を限定することで消化の時間が短くなれば、胃腸が休まって正常な働きが出来るようになります。

消化に続いて、吸収・排泄まできちんと行えるようになるのです。

また、消化の際は体内の“酵素”を使う必要があります。酵素は睡眠している時間帯に代謝(例えば疲労回復や美肌など、生命活動に必要な作用)にも使われるのですが、寝る直前まで食事をしていると代謝に使われるはずの酵素が消化活動に回されてしまいます。

8時間ダイエットによって睡眠している間は酵素は代謝活動に集中して使われるので、結果的にエネルギーとして消費され、ダイエット効果が期待できます。

また、代謝によって肌のターンオーバーが正常化するので肌トラブルを改善できます。

とはいえ、食事内容にも気を付けた方が効果は出やすい!

何を食べても良いという魔法のようなダイエットですが、8時間の内すべてジャンクフードやスイーツだけを食べても痩せる!というのは間違いです。

ダイエットというのは、ただ体重を落とせばいいのではなく、健康的で美しい体を作ることですから、野菜や肉・魚など含めてバランス良く食べることが前提です。「何をどれだけ食べても良い」なんて都合の良い言葉に甘えないで、塩分・油分の量には注意して、野菜・フルーツやタンパク質など体に良いものを食べてくださいね。

どうしても甘いものが食べたいとか、スナック菓子などが食べたくなってしまったときは、我慢しないで食べてもOKなのが8時間ダイエットの良いところです。

8時間ダイエットを成功させる5つのコツ!

食事時間を8時間に限定するだけのシンプルなダイエット法ですが、確実に効果を出したいのなら以下5つのポイントに気を付けて始めてみてくださいね。

  • 食べる8時間は毎日同じ時間にする
  • 食事の時間も同じ時間にする
  • 摂取カロリーが増えすぎないように
  • バランスの良い食事を心がける
  • 水分補給は時間を気にせずこまめに!

8時間内を気にせず水分補給は積極的にしましょう、時間外に飲むのは水やノンカフェインのお茶がおすすめです。

コーヒーや紅茶は砂糖・ミルク無しなら、飲みすぎなければOK。

夜のカフェイン摂取は良質な睡眠を妨げる可能性があるので注意してくださいね!

個人の体験などをもとにした内容となっています。記事を参考にダイエットをお試しの際は、健康状態や安全面に十分配慮のうえ、正しい方法でおこなってください。

↑ このページの上部へ