ダイエットをするならまずは便秘解消を!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

食事制限だけのダイエットをはじめたら、便秘になってしまった…。ダイエット中の皆さんの中にはこんな悩みを抱えている方もいます。もともと便秘体質という方はダイエットする前にまずは腸内環境を改善してお通じを整える努力をする必要があります。ここでダイエットと便秘の関係について詳しく説明しましょう。

腸内環境が悪化すると、ダイエット・美容・健康面すべてにおいてNG!

腸内環境の改善=便秘の解消と考えがちですが、腸内環境を整えることはダイエットのための便秘解消だけではなく、美容や健康のためにも重要です。まずはダイエット面の弊害から見てみましょう。

腸内に便がたまっていると、有毒なガスが発生して腸内で悪玉菌が増加します。こうして腸内環境が悪化すると、代謝が低下して太りやすい体になってしまうのです。同時に、食べたものの栄養素をきちんと吸収できなくなり、体に十分な栄養が供給されなくなってしまいます。すると、体はさらに食べることで栄養を摂ろうとするため、食欲がアップしてしまうとも言われています。

有毒なガスは腸から吸収され、血液によって毒素は全身に運ばれていきます。すると肌が荒れてしまったり、ニキビができることもあります。代謝そのものが低下することによって、肌の生まれ変りも遅れ、古い角質が肌に残りやすくなり、くすみやしわなどを招くことにもつながります。

さらに便秘をそのままにしておくと、大腸がんなどの病気を引き起こしやすくなることもわかっています。不健康な状態ではいくら痩せても美しくは見えません。ダイエットをするならまずは便秘を解消することを心がけましょう。

食物繊維や乳酸菌、オリゴ糖を摂ろう!

便秘解消のカギとなる食事について考えてみましょう。食べる量が減ると便の量も自然と減り、腸のぜん動運動も低下します。便のカサを増やし、排出しやすくするためにも水溶性・不溶性の食物繊維をバランスよく摂るようにしましょう。

不溶性食物繊維を含むゴボウをはじめとする根菜や水溶性食物繊維を含む海藻や果物を摂るのもよいですが、オススメはもち麦や大麦などの麦類です。こうした麦類は水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方を豊富に含んでいます。ご飯に混ぜて炊いたり、茹でてからスープに入れるなどしてもおいしくいただけます。

また乳酸菌やオリゴ糖といった善玉菌のエサとなる成分を摂ることも大切です。乳酸菌にはいろいろな種類があり、人によって相性のいいものは異なるそうですから、ヨーグルトなどもいくつか試して自分にあったものを探してみましょう。またお茶やコーヒー、料理に使う甘味料としてオリゴ糖を取り入れるのもおすすめです。

今売れている便秘解消サプリ
おなか端麗

個人の体験などをもとにした内容となっています。記事を参考にダイエットをお試しの際は、健康状態や安全面に十分配慮のうえ、正しい方法でおこなってください。

↑ このページの上部へ