ダイエット中の停滞期は成功のあかし?乗り切った先に大きな成果が!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ダイエットを始めた直後は順調に体重が減っていたのに、運動をしても食事をセーブしても次第に体重が減らなくなってきた…。ダイエット中によるあるのがこうした停滞期です。

体重が落ちなくなると焦って運動量を増やしたり、食事の量を極端に減らしたりしたくなりますが、焦りは禁物。この停滞期こそがダイエットが正しくできている証拠でもあるのです。

ここでダイエット中の停滞期について詳しく説明しましょう。

停滞期の正体とは?

個人差はあるものの、停滞期はダイエットを始めて1か月程度で起こることが多いようです。

体重が落ちなくなる停滞期は2週間から長いときで1か月程度続くと言われています。

特に食事制限だけでダイエットを行っている場合、停滞期が長くなることも。

この期間に焦って極端に食事を減らすと、反動でドカ食い、そしてリバウンド…とダイエット失敗につながってしまうこともあります。

では停滞期はなぜ起こるのでしょうか。私たち人間の体内には現状をキープするためのホメオスタシス(恒常性の維持)という機能があります。

寒さを感じたときに体を震わせて体温を上げようとしたり、暑いときに汗を出すことによって体温を下げようとするのもこのホメオスタシスの機能によるもの。

同じように私たちの体は現在の体重がベストの状態だと考え、キープしようとする働きがあります。

体にとって食事制限で摂取カロリーが減ることは言ってみれば危機的状態。生命を維持するため、基礎代謝を下げて使用するカロリーを減らそうとします。こうして体重が落ちなくなるのです。

停滞期中は基礎代謝が落ちているため、普段と同じ食事をしていても太ってしまうことがあります。

この時期は焦らずに、いつも通りの食事と運動を続けるのがポイント。1日に何度も体重を測るのもストレスになるので避けましょう。

次第に体は現在の体重や摂取カロリーがベストの状態と認識するようになり、体重も再び落ちはじめるでしょう。

停滞期をうまく乗り切ることでダイエットの成功につながる

停滞期は焦らずにそれまで通りのダイエットを続けるようにしましょう。むやみに運動量を増やしたり、食事量を減らすとストレスになり、ダイエットの失敗につながってしまいます。

停滞期かな?と思ったら、筋力をつけて基礎代謝量アップにつながる良質のたんぱく質やミネラル、ビタミンなどの栄養を意識して摂るようにしましょう。

上記でご説明したように人間の痩せ方にはリズムがあるので、停滞期が過ぎれば、また体重は減り始めます。

10キロ以上の減量を目指している場合、目標達成までに停滞期が何度か訪れることもあるでしょう。

体重が減らなくなってきたら、「ダイエットがうまくいっている証拠だな」と思って、焦らず、ダイエットを続けるようにしましょう。

個人の体験などをもとにした内容となっています。記事を参考にダイエットをお試しの際は、健康状態や安全面に十分配慮のうえ、正しい方法でおこなってください。

↑ このページの上部へ