あなたのライフスタイルに朝食は必要?ダイエット中なら食べた方がいい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

少し前に話題になった朝食抜きダイエット。朝食をまったく摂らないというのではなく、野菜ジュースやくだものなど内臓に負担をかけないものだけを食べて1日の摂取カロリーを減らすという方法です。

ただし朝食を食べないと昼食を食べすぎたり、昼食前に間食してしまうという方も多いでしょう。ここでダイエット中の朝食の摂り方について考えてみましょう。

朝食抜きor朝食しっかり!はライフスタイルによって決める

朝食抜きダイエットが適しているかどうかは、その人のライフスタイルによって大きく異なります。

例えば通勤に時間がかかる方や体を使う仕事をしている方、学生の皆さん、午前中に家事が集中しているという主婦の方が朝、飲み物だけで済ませるというのは難しいのではないでしょうか。

このような午前中に体力を使うという方は朝食をしっかり摂ることで昼食の食べ過ぎを防ぐことができます。

ただし、朝食をしっかりとるときには消化に負担のかかりすぎないあっさりしたものを選ぶのがポイント。

玄米ご飯を軽くお茶碗に一膳に野菜たっぷり&塩分控えめの味噌汁に納豆と漬物などがオススメです。午前中しっかりカロリーを消費できる人は脂質を控えめにすればボリュームのある朝食をとってもOKでしょう。

また女性の多い冷え性に悩んでいる方も朝食はしっかりとった方がいいでしょう。

冷たい野菜ジュースやくだものだけではさらに体を冷やしてしまうことがあります。朝食を摂ることで体温が上がり、1日をエネルギッシュにスタートさせることができるでしょう。

朝食を軽くした方がいい場合とは

逆に夜寝るのが遅い方や仕事が忙しく夕食が遅い方などは、ボリュームのある朝食は避けた方がいいでしょう。

本来、ダイエット中は就寝3時間前までに1日の最後の食事を済ませておくべきなのですが、現実的に難しいという方も多いのではないでしょうか。

食事の時間が遅い方や夜食をとる習慣のある方は午前中、体が排出モードになるように野菜ジュースやくだものなので軽く済ませる方が適しています。

朝は胃がもたれていて、何も食べる気がしない…という方も酵素ドリンクやスムージーなどの飲み物なら抵抗なく口にできるのではないでしょうか。

また比較的規則正しく食事ができて、夕食も早い時間に済ませることができるという方は朝食を軽めにしてもいいでしょう。夕食を減らすよりも朝食を抜く方がストレスが少ないという方も同様です。

ダイエットも美容方法も自分に合ったものを見つけるのが成功への近道です。

ダイエットには朝食抜きがいい!と言われても、鵜呑みにせず、自分のライフスタイルや体質によってダイエット方法を選ぶようにしましょう。

今売れている酵素スムージー
ミネラル酵素スムージー

個人の体験などをもとにした内容となっています。記事を参考にダイエットをお試しの際は、健康状態や安全面に十分配慮のうえ、正しい方法でおこなってください。

↑ このページの上部へ