脂っぽい中華料理を食べても太らない理由は「お茶」にアリ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

中華料理って美味しいですよね。

こんなに油っこいものばかり食べていると、きっと太るだろうなあ・・・。

そのようなことを考えつつも、ついつい食べ過ぎてしまうのが中華料理なのではないでしょうか。だって、美味しいですものね。

油っこい料理はカロリーが高い=油っこい料理を食べ過ぎれば太る。これは本当のことです。

ですが、中華料理のような油っこい料理がすぐさま肥満に結び付くという考え方は、少しだけ改めたほうがよさそうですよ。

というのは、油っこい料理であっても、食べ方にひと工夫を加えれば、それが直接的な肥満の原因となることを避けることができる場合もあるからです。

中国人はスリムな人が多い

そうですか?歴代・中国の主席はスリムでしょうか?

そんなことはありませんよね。

私たちが知っている美味しい中華料理、それらはすべて、中国の宮廷料理をモチーフとして創作されたものであり、古い時代に中国で生活していた方々の多くは、そのような宮廷料理を主たる食事としていたのではなく、質素なお粥やおまんじゅうなどを常食としていたという話を耳にしたことがあります。

つまり、私たちがスリムであると認識しているのは、そのような質素な食事を常食していた中国人の方々であると捉えることが正しい認識であるというわけです。

それでもやっぱり、太らない人が存在している!

上記では、少々時代錯誤とも思えるお話をしてしまいましたし、それは現代の日本国内とはまた別のお話です。

では、舞台を日本へ戻して、お話を進めて行くことにしましょう。

私たちが舌鼓を打っている中華料理は、全般的にギトギトの油がつきものです。

ですが、そのような料理を食べる際に、ウーロン茶またはプーアール茶を同時に摂取することにより、ギトギトの油は体外へ排出されやすくなります。

つまり、肥満の元を減らすことができるということですね。

試しに、油を手につけて、冷ましたウーロン茶やプーアール茶で洗ってみて下さい。信じられないくらい、油が洗い流されてしまうことがわかりますよ。

中華料理を食べるときには、必ずウーロン茶またはプーアール茶を同時に摂りましょう。それが、中華料理を食べても太りにくくなる、食べ方のコツです。

中華料理は美容食!?

中華料理には、さまざまな野菜がふんだんに取り入れられており、それらが織りなす肉や魚介類とのハーモニーは絶品。おまけに、栄養バランスは最高です。

つまり、ギトギトの油を除けば、中華料理は栄養バランスの整った美容食であると考えることができるということです。

偏った栄養、それは体調不良の原因になることもあり、ダイエットの邪魔になることさえあります。

中華料理さえ食べていればダイエットに成功できるということではありませんし、ウーロン茶やプーアール茶を同時に摂取したとしても、食べ過ぎれば太ってしまうという事実は避けて通ることができません。

ですが、栄養バランスという点では、中華料理が美容と健康の維持に大きく貢献してくれる食事であることに間違いありません。

中華料理を食べるときには、食べ過ぎに注意し、必ずウーロン茶やプーアール茶を多めに摂取することをお忘れなく。

それが、あなたを肥満から守る秘訣です。

今売れているダイエット茶
スルスル茶

個人の体験などをもとにした内容となっています。記事を参考にダイエットをお試しの際は、健康状態や安全面に十分配慮のうえ、正しい方法でおこなってください。

↑ このページの上部へ