食事のカロリー、お酒のむくみ…ダイエット中に飲みたいおすすめのダイエット茶

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ダイエットに役立つサプリメント、置き換え用ダイエット食品など、世の中にはダイエットをサポートする食品があふれ返っています。

それらの食品は、正しく摂取したのであれば多かれ少なかれ、ダイエットの役に立つことは間違いありません。

ですが、そのような食品の摂取を行いさえすれば痩せることができるという考え方は間違っています。

今回は、そのような食品の中からダイエットティーにスポットを当てて、お話を進めて行くことにしましょう。

ダイエットティーの種類

ダイエットティーにはさまざまな種類があり、主原料はそれぞれ異なります。

そのようなダイエットティーの代表的なものには、プーアール茶、ギムネマ茶、ゴボウ茶、サラシア茶などがあります。

プーアール茶

プーアール茶の特徴は、体内に取り込まれた脂肪分を体外へ排出させる作用を持っているということです。普段から肉料理や揚げ物料理など、脂肪分を多く含む食事を好む方は、食前食後にプーアール茶を飲むことをおススメします。

プーアール茶はウーロン茶と比較した場合、少々クセがあり飲みにくいですが、健康維持のためには、ぜひ飲んで頂きたいお茶です。

また、プーアール茶は飲み過ぎると下痢が起こることがありますので、くれぐれも飲み過ぎにはご注意を。

ギムネマ茶

ギムネマ・シルベスタという植物を主原料としたお茶で、糖分の除去に対して効果を発揮するといわれています。また、食後の急激な血糖値の上昇を防ぐため、糖尿病予防にも役立ちます。

ただし、鉄分の吸収を阻害してしまう性質を持っているため、鉄剤などを服用している方は、飲用を避けて下さいね。

ゴボウ茶

食物繊維、ポリフェノール、カリウムなど、健康維持を期待することのできる成分をたっぷりと含んでいます。

特に、慢性的な便秘症の方や冷え症、むくみなど女性に多い悩みを抱えている方に飲んで頂きたいお茶です。

また、体内の悪玉コレステロールの増殖を抑える働きも持っているため、心強いダイエットの味方であるといえるでしょう。

サラシア茶

サラシアは、インドのアーユルヴェーダでも薬草として用いられてきたという植物です。

サラシア茶のおもな効果は、血糖値の上昇の抑制、糖尿病の予防などですが、中性脂肪を減らして肥満を予防する効果も期待することができます。

お茶だけでは痩せられません

ダイエット食品やお茶は、それを摂取したからといって、即座にダイエット効果が現れるというものではありません。今回はダイエットに役立つお茶を4種類ご紹介させて頂きましたが、このようなお茶はあくまでもダイエットのサポート役であると捉え、それだけで痩せることはまずないということを、知っておきましょうね。

今売れているダイエット茶
スルスル茶

個人の体験などをもとにした内容となっています。記事を参考にダイエットをお試しの際は、健康状態や安全面に十分配慮のうえ、正しい方法でおこなってください。

↑ このページの上部へ