【食事のタイミング&バランスに注意!】食べ方ひとつで痩せやすくなる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ダイエットの敵・・・と言って大体の人が思い浮かべるのは“食欲”ではないでしょうか?

ダイエットを行うとき、なるべく早く効果を感じたいから・・・といきなり無理やりな食事制限や偏った食生活を始める人も多いですよね。

しかし、これはダイエットにおいて一番危険な方法です。

今まで普通に1日3食しっかりとご飯を食べていた人が、いきなり過度な食事制限を始めると、どうしても“食欲”に負けて挫折してしまう人がたくさんいます

また過度な食事制限は、足りなくなった栄養やエネルギーを溜め込もうとする働きによってダイエット前よりもさらに脂肪が蓄積されやすい体質になってしまいます。

それでも、やはり好きなものを好きなだけ食べていたら痩せることはできません。

そこで“食事方法“を工夫することによって、きちんと食事をとりながらきれいにダイエットすることができます。

太りにくい食べ方の基本

食べても太りにくくする基本は“食事のタイミング”

毎日同じカロリーで同じ量のご飯を食べていても、太りやすい人と太らない人っていますよね。

その差は、食事をするタイミングと時間にあり!!

私たち人間の身体は、ある程度決められた“体内時計”を基準に生活を送っています。

例えば、朝になると自然と目が覚めて身体が活動を始める、夜になるにつれて身体はだんだん休息モードへと切り替わっていきます。

太りにくいひとは、その体内時計を基本に食事をとります。

例えば、朝起きた直後は血糖値が低くエネルギー不足気味のため頭がぼーっとしますよね

そこで、朝ごはんをしっかり食べることで血糖値が上がり活動するために必要なエネルギーが摂取できます。

朝ごはんで摂取されるカロリーはほとんどが体を動かすために使用されるので脂肪として残りにくいのです。

ダイエットのために朝ごはんをしっかり食べない人は多いですが、身体がエネルギー不足を感じて過剰に脂肪を溜め込もうとするため痩せるどころか太りやすくなるんです。

また、就寝の直前に夕飯を食べる人は寝ている間に食べた食事のカロリーが消費されず体内に蓄積され脂肪となり痩せにくく太りやすい体質に・・・

このように、太りにくい食事の基本は毎日3食、体内時計のサイクルに合わせてなるべく同じ時間にとることが最も重要です。

食事のバランスももちろん大切!

しかし、だからといって時間だけ合わせればなんでも好きなだけ食べてもいいというわけではありません。

太りにくく痩せやすい食事の基本は“魚・野菜・豆類などを中心とした和食”です。

そして太りにくい食事のバランスは、活動するためのエネルギーが必要な朝と昼にしっかりと食べ、夕食は軽くが正解です。

食べていないのになかなか痩せない・・・太りやすく痩せにくい・・・そんな人は一度、食事のリズムやタイミング、バランスを見直してみましょう。

個人の体験などをもとにした内容となっています。記事を参考にダイエットをお試しの際は、健康状態や安全面に十分配慮のうえ、正しい方法でおこなってください。

↑ このページの上部へ