早く無理なく確実に…一食置き換るなら夕食がベスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

なるべく早く無理なく痩せたい!そんな思いをかなえる“置き換えダイエット”って知っていますか?

置き換えダイエットとは名前の通り、1日の食事の中の1~2食を果物や野菜。低カロリーのダイエット食品などで済ますダイエット方法です。

食事を低カロリーの代替食品にすることで、1日に摂取するカロリーが大きくカットできるので自然とダイエットにつながります。

しかし、そんな置き換えダイエットも間違った方法でつづけると減量の失敗や逆に太ってしまう原因にもなりかねません。

無理なく続ける為に…市販の置き換え食品も視野に入れよう

置き換えダイエットの魅力の一つは簡単に始めることができる点です。

基本は、毎日の朝・昼・夜のうちで1食を低カロリーの食品で代用し1日の摂取カロリーを抑えるという方法です。

単品ダイエットやファスティングダイエットなど過度の食事制限にはストレスや栄養不足などの問題が考えられますが、置き換える食事以外はきちんとご飯を食べることができるのでストレスを感じにくく続けやすいのです。

定番の食材は、りんごなどの果物や野菜、ゆで卵などでしたが、最近では専用の栄養価の高いドリンクやシェイク、低カロリーなダイエットクッキーや普通の食事とあまり変わらない味付けをされたこんにゃくラーメンなどバリエーションが豊かであきません。

置き換えるタイミングはいつが適切?

朝、昼、夜、と一日三食の内一番適しているのは、“夕食”です。

なぜなら、夕ご飯が1日の食事の中で、一番栄養素やカロリーや糖分などを摂取する必要がないからです。

カロリーや糖分は私たちの身体や頭をしっかりと動かすためのエネルギーのこと。

私たちは昔からの習慣として夕食を豪華にする傾向にありますが、夕食後ほとんどの人はあまり激しい動くことや頭を使うことはせずにゆっくりと過ごしますよね。

すると、夕食によって摂取されたカロリーや糖分は消費されずに身体の中に蓄積されていきます。

つまり、本来夕食は“しっかり”よりも“軽く”が正解なのです。

そこで、夕食を置き換え食品にすることで就寝前の不要なエネルギーを溜め込むことなく就寝することができるのです。

そして、夕ご飯を軽めにした次の日の朝は、バランスのとれた食事をしっかりとって、元気に1日を過ごすためのエネルギーを蓄えましょう。

しかし、夕食はいつも外食などが多くて・・・そんな方もいると思います。

そういった方は、減量スピードはやや落ちるものの、朝や夕食にしてもOKです。ダイエットのために生活を180度変えてしまうと却って続けられなくなってしまうので臨機応変にするのも成功の秘訣です。

間食や夜食の習慣がある方は、まずはそこから置き換えてみてもかまいません。今の生活スタイルに合わせてうまく取り入れてみましょう。

個人の体験などをもとにした内容となっています。記事を参考にダイエットをお試しの際は、健康状態や安全面に十分配慮のうえ、正しい方法でおこなってください。

↑ このページの上部へ