気になるダイエットワード「プリン体」とは?本当に悪者なの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

プリン体ゼロ。

このような表示のある缶入りアルコール飲料を見かけたことのある方は多いはず。

プリン体の摂取は身体によくない、プリン体は太るなど、一般的にプリン体は私たちの身体に悪影響を及ぼす成分であると考えられています。

ところで、プリン体っていったいどのような成分なのでしょうか?

プリン体を摂取すると、本当に太ったり、身体になにか不具合が生じたりすることがあるのでしょうか?

それでは、プリン体とはいったい何者なのか、調べてみることにしましょう。

プリン体とは?

私たちの肝臓で合成され、細胞の代謝に必要不可欠である、細胞の核となる部分を構成する成分です。

私たちの細胞は日々代謝を繰り返し、古い細胞は代謝されて新しい細胞との入れ替わりを行いますが、この古くなった細胞が分解・代謝される際には、細胞内から核となる部分が放出され、それが肝臓で代謝されるとプリン体として生まれ変わります。

さらに、プリン体の一部は尿酸に姿を変えて体外に排出されて行きます。そして、尿酸以外のプリン体はエネルギー源となり、私たちの生命維持のために貢献する役割を持ちます。つまり、エネルギー源として回されなかった分のプリン体が、尿酸として体外へ排出されて行くということです。

これだけ聞いてしまうと、なぜプリン体が悪者扱いされているのかよくわかりませんよね?

着目して頂きたいのは、体内に蓄積されている尿酸です。私たちの体内には「尿酸プール」という尿酸の貯蔵場所がいくつも存在しており、身体の代謝機能が正常であれば、尿酸は自然に体外に排出されて行きます。

ところが、腎機能障害、激しい運動、肥満、ストレス、遺伝などの理由により、体内で大量に尿酸がつくられ、それがうまく体外へ排出されなくなると、高尿酸血症や糖尿病など、重篤な症状を引き起こす可能性のある病気を引き起こす可能性が高くなります。

これが、プリン体が悪者扱いされる理由です。

プリン体の80%は体内で合成される!?

プリン体を多く含むといわている食品は、魚卵、マグロ、カツオ、レバー、ウニ、干物、アルコールであればビールです。ところが、プリン体の約80%は体内で合成されることがわかっているため、食品がつくり出しているプリン体が身体に悪影響を与える可能性は極めて低いと考えることができます。

つまり、食品や飲料からのプリン体摂取量を意識する前に、ご自身の健康状態に目を向けてみる必要があるということですね。

とはいえ、プリン体を多く含む食品を毎日毎晩食べ続けてしまえば、高尿酸血症や痛風などを引き起こす可能性が広がることは間違いありません。

つまり、冒頭で述べたプリン体ゼロ製品の存在も、あながち的外れではないことがわかります。

どのような成分であっても、過剰摂取を続ければ栄養が偏り、それが思わぬ病気や肥満の原因となることがあります。

また、肥満が原因で尿酸値が高くなることもありますので、そのような方はできるだけ早期にダイエットを行い、標準体重をキープすることを心がけてみて下さいね。

個人の体験などをもとにした内容となっています。記事を参考にダイエットをお試しの際は、健康状態や安全面に十分配慮のうえ、正しい方法でおこなってください。

↑ このページの上部へ