「痩せるから」「食べ過ぎを帳消しにしたいから」安易な下剤の乱用、それは病気の症状です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

とにかく痩せたい。

そのことだけにひたすら意識を集中させると、とんでもないダイエット法が頭に浮かんでしまうことがあります。

たとえば、下剤を乱用したダイエット法などが、その好例なのではないかと思います。

現在市販されている下剤には、ビフィズス菌などの働きにより腸内環境を整える整腸タイプのものもあり、これらも大きなくくりで下剤と呼ばれることがありますが、正確には整腸薬です。

今回は、この整腸薬を除いた下剤、腸の働きを活性化させ、無理やり体外に老廃物を排出させるタイプの下剤について、お話をさせて頂くことにします。

下剤を乱用。まず疑うべきこととは?

便秘も起こっていないのに、なぜ下剤を服用し続けてしまうのでしょうか?

それは、体内にある食べ物を、いち早く外へ排出させてしまいたいという思いからではありませんか?

あるいは、食べ過ぎたと感じたあとに即座に下剤を服用して、体重のコントロールをしようという心理が働いてはいませんか?

実は、このどちらもが拒食症の症状として当てはまるんです。

拒食症は、精神に受けたなんらかのダメージが引き金となって起こることが多く、「痩せなければ」という強迫観念がつきまとっているのが通常です。

あなたが現在下剤を乱用している、または下剤で体重をコントロールしようと考えているのであれば、まずは精神が受けたダメージを修復することが先決です。

拒食症は完治しない病気ではありませんので、今すぐに心療内科へ向かい、診察を受けて下さい。

ご存じですか? 下剤の恐ろしい副作用

下剤を常用していると、あなたの腸は自ら運動を行うことを忘れ、自力で排泄することが困難な状態になります。つまり、慢性的な便秘の状態となり、下剤なしでは排泄することのできない身体になってしまうということです。

そして、腹痛です。下剤を服用した直後に、突然激しい腹痛に襲われたご経験をお持ちの方は多いのではないかと思います。実は、これも下剤の副作用なんですよ!

さらに、身体がむくんだり、痙攣の症状が起こったり。

さらに重症度が高くなると、動悸・息切れ、不整脈などの深刻な症状が現れてくることさえあります。

根本的な解決策を考えましょう

便秘はダイエットの邪魔になります。そして、痩せたいあなたが下剤を乱用し、自ら便秘の状態をつくり出してどうするというのでしょうか?

本当に痩せたいのであれば、下剤に頼ってはいけません。

下剤の乱用があなたにもたらすものは、美しくスリムな容姿ではなく、枯れ葉のようにしおれた、寂しい容姿ですよ。


↓癖にならない便秘解消サプリはこちら

今売れている便秘解消サプリ
おなか端麗

個人の体験などをもとにした内容となっています。記事を参考にダイエットをお試しの際は、健康状態や安全面に十分配慮のうえ、正しい方法でおこなってください。

↑ このページの上部へ