【産後ダイエット成功体験談】産後太りは解消できます!19キロ増からのダイエット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

産後太り、イヤな響きですよね。

実は私自身、産後太りに悩まされた経験を持っています。

その当時、妊娠前の私は身長162㎝、体重47㎏というスリムな体型を保っていました。

それもそのはず、子供の頃からクラシックバレエのレッスンに通っていたため、食事制限が日常茶飯事となっていたのですから。

ところが、クラシックバレエをやめて妊娠したとたん、なんと! 16㎏も体重が増えてしまったんです・・・。

現在の私は、身長は変わらず、体重は49㎏前後。

では、どうやって体重を落としたのでしょうか?

そもそも、なぜ16㎏も増えた!?

タガが外れたというのでしょうか、食事制限で我慢していた食べ物を、妊娠を口実に食べ続ける生活が始まったからです。

ですが、妊娠初期はご多分にもれず、ひどいつわりに悩まされて食べている場合ではありませんでした。だって、炊飯器から漏れ出す湯気ですら、吐き気の対象となってしまっていたのですから。

ところが、つわりが治まるや否や、とんでもない食欲が湧き起こり、食べること、食べること・・・。

それで気がついたら、あっという間に元の体重+16㎏となり、私は別人のように変貌してしまいました。

続けて2人目を出産、ついに・・・!

1人目の出産後、病院を退院する頃には6㎏の体重が落ちていました。あと、マイナス10㎏。

そう考えているうちに、2人目を妊娠し、出産直前の私の体重は、1回目の妊娠前の体重から19㎏も増えていました。つまり、2人目の妊娠期間に、9㎏も増えていたということです。

そして、無事に2人目を出産。やはり病院を退院する頃には、6㎏の体重が減っていました。

それでは整理しましょう。

1回目の妊娠前の体重が47㎏、妊娠中に体重が増えて63㎏、出産後には57㎏。さらに2人目の妊娠で66㎏、出産後に60㎏。

2人目の出産後、私の体重は元の体重から13㎏もオーバーしていたということになります。

どうやって痩せたの?

出産後約1ヶ月間は、とにかく育児に集中しました。幼い年子を抱えた育児を行うことは、心身ともに受ける疲労がハンパではありません。

そして、2人目の子供が生後6ヶ月を迎えるあたりで、ようやく食事制限によるダイエットを開始しました。とはいえ、妊娠中に大きくなってしまった胃袋は、そう簡単に元に戻るわけではありません。

そこで私は、野菜中心の食事を摂取することにしました。もちろんご飯も食べましたが、お茶碗に軽く1杯と決め、おかわりはしませんでした。

肉や魚はなるべく少量ずつ摂取し、1日の摂取カロリーが1600キロカロリーを超えない食事を続けました。

さらに、就寝前にはストレッチ。

約1年後。私は10㎏の減量に成功していました!

さらにその食事を続け、数カ月後に2㎏の体重を減らすことに成功。

それ以来、大きな体重の増減を経験することなく、現在に至っています。

現在では、毎晩のようにアルコールを摂取していますし、食事制限も行っていません。ただし、ちょっと体重が増えたかな? と、気がついた時点で、緩い食事制限を行っています。

産後太りは解消できます!

産後太りを解消するためのコツは、とにかく焦らないことです。私だって、元の体重に近い状態にまで戻すために1年以上の期間を費やしたのですから。

私が成功したのですから、あなたが成功しないはずはありません。

心がけ次第で、産後太りは確実に解消することができるというお話でした。

個人の体験などをもとにした内容となっています。記事を参考にダイエットをお試しの際は、健康状態や安全面に十分配慮のうえ、正しい方法でおこなってください。

↑ このページの上部へ