どこでも買えて低価格だから即実践可能!湯豆腐で置き換えダイエット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

世の中にはさまざまなダイエット方法が存在していますが、一見合理的に見えて、実は健康を害してしまう可能性を秘めたダイエット方法も存在しています。

今回は、湯豆腐ダイエットという方法をご紹介させて頂くとともに、湯豆腐ダイエットが身体にどのような影響を及ぼすのか? という部分にも触れて、お話を進めて行くことにします。

湯豆腐ダイエットって、どんな方法?

文字通り、通常の食事を湯豆腐に置き換えて行う方法であり、一般的な食事制限によるダイエットと比較した場合にはストレスが少なく、短期間で痩せることができるといわれています。

また、湯豆腐ダイエットにはいろいろな実践方法があり、湯豆腐意外はなにも食べない、炭水化物を湯豆腐に置き換える、湯豆腐+野菜だけの食事にするなどがあります。

湯豆腐ダイエットのメリットとは?

豆腐は低カロリーであり、ダイエット食としてメニューに取り入れている方は多いのではないでしょうか?

豆腐は低カロリーである上に、大豆イソフラボンをはじめ、タンパク質や大豆レシチンなどの栄養素が豊富に含まれているため、女性ホルモン分泌の活性化や骨粗鬆症予防に関しても効果を期待することができます。

これが、湯豆腐ダイエットを行う最も大きなメリットなのではないかと思います。

ここでは、湯豆腐+野菜という組み合わせで行う方法についてお話をさせて頂きますが、この組み合わせでダイエットを行った場合では、1食当たりのカロリーが200~300キロカロリーとなり、非常に低カロリーで満腹感を得ることができる合理的なダイエット方法であると考えることができます。

湯豆腐ダイエットにもデメリットはある?

湯豆腐+野菜という組み合わせはとてもヘルシーで、美肌効果も狙うことができますが、炭水化物や脂肪、動物性たんぱく質を摂取しない方法であるため、長期に渡って継続した場合には、栄養不足が起こりやすくなります。

この部分が、唯一のデメリットでしょう。

どれくらい続ければいい?

継続して行うのであれば、1週間を限度としましょう。炭水化物、脂質、動物性たんぱく質をまったく摂取しないダイエット方法はほかにも存在していますが、本来身体が必要としている栄養素を摂取しない場合、身体が耐えきれるのは、約1週間です。

もう少し痩せたいな・・・と、感じても、栄養バランスの崩れはやはり避けたいもの。

1週間継続したら、その翌日には最低1回、炭水化物、脂肪、動物性たんぱく質を少量でも摂取しておきましょう。

特に大幅な減量が必要な方は、長期に渡った湯豆腐ダイエットを実践して身体の栄養バランスを崩してしまわないよう、十分に気をつけて下さいね。


↓置き換えダイエットの定番シェイクはこちら

今売れている置き換えダイエットシェイク
美容液シェイク

個人の体験などをもとにした内容となっています。記事を参考にダイエットをお試しの際は、健康状態や安全面に十分配慮のうえ、正しい方法でおこなってください。

↑ このページの上部へ