痩せ体質になるために貴女が出来る3つの事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ダイエットをより効果的に進めていくためには、太らない体質を作り「痩せ体質」に変わる事が求められます。

ダイエットが上手く行かない人は、食事の量だけの調節を行っているため体質が変わらず、ダイエットを止めたら元通りに戻ってしまう人が多いのです。

では、太らない、そして痩せていく体質になるためにはどのような事をすれば良いのでしょうか?

今回は、痩せ体質になるために貴女が出来る3つの事についてお話ししていきます。

朝活で代謝を上げる!

早起きは三文の徳と昔の人は言いました。

それはダイエットにも言える事。

実は早起きをして体を少しでも動かすと代謝の良い時間が5時間程度続くのだそう。

朝、いつもより早起きして1駅歩いて会社に行く、朝のうちに家事を済ませてしまうなど朝からパタパタ動くのは痩せ体質を作るためにとてもよい方法なのです。

朝早く起きれば、自然にお腹も空きます。

食事を取れば毎朝のトイレも快調で便秘知らずな体を作る事もできます。

早寝早起きの習慣を身に付ければ、一生太り難い体を手に入れる事が出来ますよ!

一生続けていけるダイエットを考える

ダイエットというと、1週間でマイナス5キロなんていう高い目標に向かい必死になるイメージがありますよね。

無理をして大幅減量をすると筋肉量の減りも早いので、ダイエットが終わった後の筋力アップが大変になります。

そこで挫折してリバウンドをしてしまう人も多いのですね!

一気に体重を落とすのではなく、1ヶ月に2~5キロの間で調節しながらずっと続けられるダイエットをを行いましょう。

運動にしても、毎日2時間歩く!なんていう無茶な目標を立てるのではなく、10分の早歩きを3回やってみようとか、いつも自転車だけど歩いてみようかな程度の軽い気持ちがダイエットを長続きさせ結果痩せ易い体質にしてくれるのです。

ちりも積もれば!の気持ちを忘れずに。

食べ物調節でストレスのないダイエットを

人間が食べた物は約3日間で脂肪になり定着すると言われています。

ですから、3日以内であれば食べても次の日で調節が効くということです。

例えば、飲み会で暴飲、暴食をしてしまって、次の日1日野菜スープダイエットで断食を行えば飲み会の前よりも痩せることも可能です。

食べる時は、食べる!飲む時は飲む!ダイエットには潔さも大切です。

ストレスは体に活性酸素を作り出し痩せ難い体質に変えてしまいます。

我慢して痩せ難くなるなんて悔しいですよね!

食べる時は食べてそのカロリーを3日以内に帳尻を合わせるダイエットを行えばストレス無く続ける事ができます。


今回は、痩せ体質になるために貴女が出来る3つの事についてお話ししました。

闇雲にダイエットを始める前に、まず痩せ体質になる体作りをして行きましょう。

痩せて太ってを繰り返すと、次のダイエットは2倍の努力を必要とすると言います。

1回のダイエットで確実に成果を出すためにも、まずは体の準備始めてみませんか?

個人の体験などをもとにした内容となっています。記事を参考にダイエットをお試しの際は、健康状態や安全面に十分配慮のうえ、正しい方法でおこなってください。

↑ このページの上部へ