ダイエットするときに覚えておきたい、リバウンド防止のためのルール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ダイエット=食事制限で体重を減らすことと思っていませんか?体重を落としただけではダイエットは成功しません。

むしろ難しいのは体重を落とすことよりも、キープすること。

正しい方法でダイエットをしなければドカ食いなどによって元の体重よりも体重が増えてしまうリバウンドを起こすこともあります。

ここでダイエット前に知っておきたいリバウンド防止のためのルールについて考えてみましょう。

1か月に落とす体重は全体の5%まで!

短期間で無理に痩せようとすると、その分リバウンドを起こす可能性は高くなります。時間をかけて少しずつ体重を減らした方が、その体重をキープしやすいのです。

1か月に落とせる体重の目安は全体の5%までと覚えておきましょう。60キロの場合なら1か月に3キロが目安となります。

食事制限だけではなく筋肉をつけることも考えて!

リバウンドのひとつの原因としてあげられるのが代謝の低下です。

特に食事制限だけで痩せようとすると、筋肉が落ち1日の生活に必要なカロリーである基礎代謝が低下してしまいます体がエネルギーを節約しようとするため、普段と同じ量の食事をしていても太りやすくなるのです。

これを防ぐために必要なのは筋肉をキープしながら体重を落とすこと。食事制限だけではなく、スクワットや腹筋といった筋トレをプラスして筋力を落とさないようにするのがリバウンドを防ぐコツです。

ダイエット中は普段の2倍のたんぱく質が必要?

食事制限だけのダイエットは必ずリバウンドします。しかし食事制限と筋トレなどの運動を取り入れても体重を落とせばある程度、筋力が低下することは避けられないと言われています。

このためにできることといえば、普段よりも多めにたんぱく質を摂ることです。

筋肉量の低下は普段の2倍程度のたんぱく質を取りながら、食事内容の見直し、運動をプラスすることではじめて防ぐことができると言われています。

ダイエット中は高たんぱく・低脂質の食事を心がけて筋肉を落とさないようにしましょう。

高たんぱく・低脂質の食材といえば

高たんぱく・低脂質の食材としてあげられるのが鶏のささみ、まぐろやイワシに卵、納豆や豆腐といった豆類など。特に運動の後は速やかにたんぱく質を摂ることで良質の筋肉を作ることができると言われています。

たんぱく質を多めに摂ろうとすると、どうしてもカロリーが高くなりがちなので、こうした食材をうまくアレンジしましょう。

高たんぱく・低脂質の食材&筋トレをプラスすれば、リバウンドを防ぎつつ、引き締まった美しいスタイルをキープしながらダイエットすることができるはずです!

↓ 高たんぱく&低カロのダイエットシェイク ↓

今売れている置き換えダイエットシェイク
美容液シェイク

個人の体験などをもとにした内容となっています。記事を参考にダイエットをお試しの際は、健康状態や安全面に十分配慮のうえ、正しい方法でおこなってください。

↑ このページの上部へ