青竹踏みで老廃物を排出しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

古くから日本に伝わる民間療法のひとつに、”青竹踏み”があります。

青竹踏みを1日数分間行うだけで、身体全体の疲れが取れる、あるいはダイエット効果を得ることができるともいわれていますが、そのはっきりした効果についてご存じの方は少ないのではないでしょうか?

“ながら”で健康やダイエット効果を得ることができるのであればこんなに嬉しいことはありませんが、果たして、青竹踏みを行うことにより本当にそのような効果を得ることができるのでしようか?

青竹踏みの原理は、足ツボマッサージに通ずるものがあります。

つまり、青竹と自分の体重を利用して、うまいこと足裏のツボを刺激しようということです。

では、足の裏にはどのようなツボが存在しているのでしょうか?

足ツボの数は60個以上!

足ツボの種類を調べてみると、驚くことに60個以上のツボが存在していることがわかります。特に土踏まずとその周辺には、小腸や結腸、十二指腸を司るツボ、さらに親指の付け根部分には首や喉を司るツボなどが分布しており、これらのツボを適度に刺激することにより、身体の不調を緩和する効果を得ることができると考えられています。

ということは、青竹踏みが健康増進に役立つということが、きちんとした根拠に基づいていることがわかりますね。

ダイエット効果は?

まず、腸の働きがよくなることにより腸内環境が整い、便秘の解消につながります。便秘は肥満の原因となるばかりではなく、身体に毒素を溜めこむ原因となり、むくみや肌荒れを引き起こす元凶になります。つまり、この部分に於いてはダイエット効果ありと捉えることができるでしょう。

さらに、親指全体と親指から土踏まずにかけての膨らみ部分には食欲を抑えるツボ、土踏まずの中央からやや上にかけての部分には副腎と腎臓を司るツボが存在しており、この部分に刺激を与えることにより、体脂肪を効率よく燃焼させて体内の老廃物を体外へ排出させる効果を得ることができるのだとか。

つまり、青竹踏みにはダイエット効果も期待することができるということになります。

ダイエットに効果的なツボに刺激を与える時間は、1~2分が目安で、毎日根気よく続けることがコツです。

ただし、これらのツボを毎日せっせと刺激し続けても、暴飲暴食などダイエットの妨げになる行為を行ってしまったのでは、ツボ押し効果を得ることが難しくなります。

また、むくみを取る効果は比較的わかりやすいですが、短期間で体脂肪に劇的な変化が現れることはありません。

青竹踏みはサポート役

青竹踏みが健康増進とダイエットに効果的なことがわかりましたが、これはあくまでもサポート的な役割を果たすものです。

せっかく青竹踏みを行うのであれば、ご自身の体調不良や肥満の原因を日常生活の中から見つけ出して、少しずつでも改善して行く努力も大切です。

今売れているむくみサプリ
するるのおめぐ実

個人の体験などをもとにした内容となっています。記事を参考にダイエットをお試しの際は、健康状態や安全面に十分配慮のうえ、正しい方法でおこなってください。

↑ このページの上部へ