マグネシウムは便秘・むくみ・代謝の改善におすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

にがりダイエットというのが少し前に流行りましたよね!

殆どの人が、「にがり」を摂取すれば痩せるとあまりその内容については知らない人もおおいはずです。

実は、にがりを体に入れる意味はマグネシウムを取り入れることにあります。

ダイエットにマグネシウムは欠かせない栄養素です。

マグネシウムが足りなくなると、どんなに食べ物を減らしても体脂肪が落ちないという最悪な結果を引き起こしてしまうことも。

そんな骨折り損ダイエットをしないためにも。

今回は、マグネシウムをとって脂肪を燃焼しやすい体を作ろうをお届けします。

どうしてダイエットにマグネシウムが必要なの?

マグネシウムは、体で作ることができない物質です。

そのため、食事やサプリで補う必要があります。マグネシウムが足りなくなると体がむくみやすくなったり、便秘が続くなどという症状が出てくる事も。

むくみや、便秘はダイエットの大きな敵ですよね!マグネシウムを補う事で自然と代謝を上げ痩せ易い体を作る事ができるようになります。

マグネシウムは1日に300mgほど必要だと言われています。

特に、ダイエット中に食事を抑えている人にはマグネシウムをしっかりと補給していく必要があるのです。

新陳代謝を促進し脂肪を燃焼させる働き

酵素を摂取すると痩せるという話を聞いたことがある人もいるでしょう。

酵素は、体の代謝をあげ、脂肪を燃焼しやすく効率の良いダイエットのお手伝いをしてくれます。

その酵素の働きをもっと強めてくれるのが、マグネシウムなんです。

マグネシウムは、補助酵素という別名が付いていて、脂肪燃焼をしてくれる酵素を補助し痩せやすい体にしてくれる働きがあります。

酵素を飲んでいる人も、マグネシウムが足りなくなれば脂肪は上手く燃焼しません。

断食ダイエットなどで、酵素を取り入れている方は、ぜひ合せてマグネシウムを取ってみてください!

きっともっともっと体重が落ちるはずですよ♪

食べ物でも摂取できる?マグネシウムが含まれている食品

マグネシウムをサプリではなく、食品で取りたいと思っている人にお勧めなのが、コントレックスなどの硬水を飲むことです。

硬水には、ミネラルが豊富で、もちろんマグネシウムも含まれています。

少々、飲み口が悪く沢山飲めないという人もいますが、慣れてくれば飲めるようになります。

ダイエット中には水分量が足りなくなり便秘を引き起こす人もいます。

マグネシウムのたっぷり入ったお水を飲むことは溜め込まない体を作るには必要です。

その他にもお水ではなく食べ物でもマグネシウムを補う事ができます。

大豆製品で作られているものに特に多く含まれ、納豆、きなこ、みそ、豆腐などがお勧め!

乾燥しているものであれば、わかめや、青さなどの海草類にも多く含まれます。

飲みすぎると下痢になってしまうかも・・

マグネシウムは、体に必要な栄養素だとはいえ、飲みすぎると下痢になってしまうなどの悪影響も出ます。

マグネシウムは、妊婦さんの下剤に使われるなどしていることもあり、飲みすぎには要注意です。

マグネシウムの取りすぎが続くと、自力で便を出す力が弱まり、飲まなくなってしまうと余計に便秘症になってしまうというデータもあります。

あくまで、飲みすぎがよくないので、適量を取るように心がければ何の心配もありません。


今回は、マグネシウムをとって脂肪を燃焼しやすい体を作ろうをお届けしました。

マグネシウムは、脂肪を燃焼するために無くてはならない栄養素です。

便秘も解消され、デトックス効果を促す大切な働きをしてくれます。

食べ物では大量に取る事が難しいので、お水やサプリを上手に使いながらマグネシウムを体に取り入れてダイエットをスムーズに行って行きましょう。

今売れているむくみサプリ
するるのおめぐ実

個人の体験などをもとにした内容となっています。記事を参考にダイエットをお試しの際は、健康状態や安全面に十分配慮のうえ、正しい方法でおこなってください。

↑ このページの上部へ