ダイエット時には、コンニャクを上手に活用しましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ダイエット中にありがちなトラブルのひとつに、便秘の問題がありますね。

私たちの腸では、胃で消化された食物からの栄養分を分解・吸収するという作業が行われ、それは食物の摂取が少なくなるダイエット時であっても繰り返し行われています。

ところが、腸内に送り込まれる食物が極端に少なくなると、食物を分解・吸収する腸の働きが弱るため、どうしても便秘が起こりやすくなります。

ですが、体内に老廃物が溜まってしまうとそれがダイエットの妨げとなることがありますので、便秘だけはなんとしてでも避けておきたいところです。

便秘の防止には、なによりも食物繊維の摂取が大切です。

ですが、ダイエットに気合いが入れば入るほど、食品の摂取に対して慎重になることも多いでしょう。

そのようなときには、カロリーを気にせずに食物繊維を摂取することのできる食材を、ダイエットメニューに取り入れてみてはいかがでしょうか?

コンニャク

コンニャクの原料であるコンニャク芋は、コンニャクという製品に姿を変えるまでは水溶性の食物繊維をたくさん含んでおり、これが糖質や脂肪、その他の不要な物質を包み込み、体外へ排出させる働きを持っています。これは、コンニャク芋に含まれているグルコマンナンという物質の働きによるものです。

ところが、凝固剤を加えたコンニャクという製品になってしまうとグルコマンナンはその性質を変化させ、不水溶性食物繊維へと姿を変えます。

では、不水溶性食物繊維を含むコンニャクには、グルコマンナンと同様の効果を期待することができないのでしょうか?

残念ながら、不水溶性食物繊維となってしまったグルコマンナンは、水溶性食物繊維と同様の働きをすることはできません。

ですが、不水溶性食物繊維を摂取することにより、ある大きなメリットを得ることができるんです。

それは、不水溶性食物繊維が大腸に留まると、老廃物(便)の量を増やすということ。

大腸内がこのような状態になると、当然排便を知らせるサインも速まります。

つまり、これが便秘の解消につながり、ダイエットに役立つ結果となるということです。

コンニャクを摂取する上での注意点

コンニャクは、非常に油分を吸収しやすい食材です。

ダイエットを意識したメニューにコンニャクを取り入れる際には、茹でる、煮るなどの調理方法とし、サラダオイルなどで炒めるなどの調理法は避けましょう。

個人の体験などをもとにした内容となっています。記事を参考にダイエットをお試しの際は、健康状態や安全面に十分配慮のうえ、正しい方法でおこなってください。

↑ このページの上部へ