○時なら食べたいものを食べてもいい!?体内時計ダイエットを始めよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

大好きな甘い物を我慢したり、食べる量を減らしたり…食べたいものを我慢するダイエットって本当に辛いですよね。

では、時間にさえ気を付ければ食べたいものを食べても良いダイエットがあるとしたらどうでしょうか?

実は人の体には、同じものを食べても太りやすい時間と太りにくい時間があるのです。

自分の体内リズムを利用して、好きなものを食べるダイエットを始めませんか?

太りやすい時間帯と太りにくい時間帯がある!

体内に脂肪を取り込む際、【BMAL1(ビーマルワン)】というタンパク質が関係しています。

BMAL1が血中に多ければ脂肪を取り込みやすく、反対に少なければ取り込む脂肪の量が少ないです。

そしてなんと、体内にあるBMAL1の量が時間帯によって差があることがわかっています。

つまり、「BMAL1が少ない時間帯の食事は太りにくい」ということなのです!

最も太りにくい時間帯それは…14時~15時

BMAL1の量は体内時計と深く関わりがあります。

体内時計が正常であれば、14時~15時の時間帯が最もBMAL1が少なくなります。

つまり、この時間帯であれば糖質・脂質の多いものを食べても太りにくいと言われています。

「3時のおやつ」は食べてもいい、ということなんですね!

夜遅い食事は太りやすい!

BMAL1の量は午前4時頃から減りはじめ、14~15時頃に最も少なくなります。

その後BMAL1の量がは少しずつ増えはじめ、22:00頃から急激に上昇します。

特に22:00~午前2:00までの間が一番BMAL1が多いので、夜遅い食事は太りやすいというのは本当のことのようです。

体内時計を整えて、食事の時間を決める!

規則正しい生活リズムを続けることでBMAL1も規則正しく増減します。

毎日寝る時間や起きる時間がバラバラだったり、平日は早起きでも週末は遅く起きてしまうことで生活リズムが乱れると、BMAL1の増減が乱れてしまうのです。

ダイエットをしたい場合は、まずは体内時計を整えることから始めましょう。

これまでそういった生活を続けていて、夜遅い夕食が多かったという人は、BMAL1を意識した生活をするだけで自然に体重を減らすことができるかもしれません。

BMAL1を意識した食事のリズム!

例えば、以下のようなリズムで睡眠、起床、食事を続けてみましょう。

  • 6時以降:朝食はしっかり食べる
  • 12時頃:ボリュームのある、多少油分やカロリーの高い昼食を食べてもOK
  • 14~15時頃:食べたいおやつを食べる
  • 20時まで:野菜中心に、程よく夕食を食べる
  • 24時までには就寝

おやつと夕食は合わせて1.5食分くらい、糖質・脂質の高いものはおやつの時間によせるようにするとより痩せやすくなりますよ!

体内時計を整えて食事時間に注意するダイエット法、いかがでしたか?

時間さえ決めれば食べたいものを食べられるから、ストレスなく続けることが出来るはず。

心も体も健康に続けられる体内時計ダイエット、始めてみてくださいね!

個人の体験などをもとにした内容となっています。記事を参考にダイエットをお試しの際は、健康状態や安全面に十分配慮のうえ、正しい方法でおこなってください。

↑ このページの上部へ