思いついたときに呼吸するだけ!腹式呼吸でダイエット!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ダイエットで一番大変なのは続けることです。
ランニングのために早起きも辛いし、ジム通いもついつい途中で諦めてしまったり…。

簡単に出来る方法を選ぶのがダイエットを成功させるコツなのです。

そこで紹介したいのが、思いついたときにいつでもどこでも出来るダイエット方法。それは腹式呼吸ダイエットです!

腹式呼吸で痩せられる理由とは?

「腹式呼吸」を意識したことがありますか?私たちが普段行っている呼吸は胸式呼吸。緊張したときなんかにする「大きく吸って、吐いて」の深呼吸が腹式呼吸です。腹式呼吸をすると痩せると言われるのにも、きちんと理由があるのです。

緊張したときなんかにする「大きく吸って、吐いて」の深呼吸が腹式呼吸です。

腹式呼吸をすると痩せると言われるのにも、きちんと理由があるのです。

脂肪を燃焼してくれる

「有酸素運動は脂肪を燃焼させるからダイエットに効果的」と言うのは多くの人が知っていることだと思います。腹式呼吸も有酸素運動の1つです。

脂肪を燃焼させるためには酸素が必要なので、腹式呼吸でたくさんの酸素を取り入れると脂肪が燃焼されやすくなります。

筋トレやヨガなど運動をする場合も、腹式呼吸を使うことで更に脂肪燃焼しやすくなります。

腹筋が鍛えられる

腹式呼吸ではお腹を使って呼吸するので、自然と腹筋のトレーニングになります。

特になかなか使うことがないインナーマッスルを鍛えられ、ぽっこりお腹をスッキリさせることが出来ます。

歪みの解消、姿勢の矯正

悪い姿勢や骨盤の歪みは、美しいスタイルから遠ざかってしまいます。

腹式呼吸によってお腹が鍛えられると、姿勢がよくなり、骨盤の歪みを予防することが出来ます。

血の巡りがよくなる

腹式呼吸によって血液中の酸素が増えると、血行が良くなり、老廃物を排出しやすくなります。

むくみの解消にも繋がります。また、血行が良いと冷えや肌トラブルの予防・解消にも効果的です。

便秘解消

腹式呼吸によって横隔膜やお腹が動くので、腸など内臓のマッサージになります。

そうすると消化器官が活発になるので、便秘解消の効果を期待することができます。

ストレス解消

緊張したときは深呼吸、という通りで、腹式呼吸は副交感神経を優位にさせるのでリラックス効果があります。

吐くときに副交感神経が優位になるので、吸う時間より吐く時間を長くするのがポイントです。

腹式呼吸の方法

腹式呼吸は、寝ながら、座りながら、立ちながら、どの姿勢でもでも行うことが出来ます。

以下の要領で、お腹を使って呼吸してみてくださいね!

  • 腰を反らないようにして、背筋を伸ばします。
  • 鼻呼吸で行います、難しい場合は鼻から吸って口から吐くでもOKです。
  • 息を吸ったときにお腹が膨らんで、吐いたときにへこむようにイメージして呼吸しましょう。
  • お腹をへこませるときは、おへそから5~9㎝ほど下にある「丹田」を背中側に押し込むようにします。
  • 深く、ゆっくり呼吸をします。特に吐く時間を長くするように意識しましょう。
  • 最後まで吸って、最後まで吐く、これを繰り返します。

基本の腹式呼吸が出来るようになったら、思い出したときにいつでも腹式呼吸をしてみましょう。

1呼吸をゆっくりするだけでもかなり負荷がかかりまし、筋トレやストレッチをする際にも腹式呼吸で行うことでより効果が出やすくなります。

とっても簡単な腹式呼吸ダイエット、ぜひ取り入れてみてくださいね!

個人の体験などをもとにした内容となっています。記事を参考にダイエットをお試しの際は、健康状態や安全面に十分配慮のうえ、正しい方法でおこなってください。

↑ このページの上部へ