カロリーを「控える」or「消費する」どっちがやりやすい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ダイエット中、食事制限で痩せるか運動をして痩せるかという話しになる事も多いでしょう。

ダイエットを成功させた人の中には、食事制限をして大幅減量を成功させた人も居ますし、運動をしてダイエットを成功させた人も居ます。

では、極論!食事制限と運動ダイエットはどちらが効果的なのでしょうか?

今回は、二つのダイエット法を照らし合わせながら、効果の高いほうを探っていきたいと思います。

ダイエットの基本!1キロ7000calを把握しよう。

まず、ダイエットで1キロの脂肪を燃焼させたいとしたら、7000calの消費が求められます。

ダイエット専門家の話では、7000calは食事制限をしても運動で消費しても変わらず1キロ痩せられるとの話。

なるほど、運動をしても、食事制限をしても7000calを制限できれば1キロ痩せるというのは変わらない。

という事は、その人のやりやすい方でダイエットを行えば良いという理屈になりますよね!

どちらがどのくらいダイエット効果があるのかを比べてみよう。

食事編

食事制限で1キロ痩せるためには、一体どの程度の食事を制限したら良いものなのか考えてみましょう。

普段、女性が1日に摂取するカロリーが1800かロリーと想定します。それを3食に分けると1食あたり600カロリーですね。

それを半分のカロリーに制限してみるとして、一食あたり300キロカロリーに制限します。

すると1日900カロリーをマイナス制限できるという計算になります。

900×8日で7200calのマイナス制限が可能。そのため、この食事の生活をしていると役1ヶ月で3キロの体重減少が可能になるという計算です。

1食300キロカロリーというと、ゼリーとサラダ程度の食事ですので、これを1ヶ月続けても3キロしか痩せないと考えるか、意外に痩せられると思うのかで行動を決めるのが良いのかもしれません。

食事制限だけでダイエットを行うと、やつれたり、リバウンドしやすくなるのがマイナスポイントでしょう。

運動編

では、運動で7000calを消費するためにはどのくらい体を動かせば良いのでしょう。

ここでは運動の中でもかなりのカロリー消費が期待できる水泳を例に出して考えて見ましょう。

7000calを消費するためには、クロールだったら6時間半程度。

平泳ぎなら12時間でおおよそ達成できるカロリーになります。

水中ウォーキングであれば、23時間程度なのだとか。

市民プールなどの利用時間が大体1回2時間という制限が付いているところが多いので、クロールであれば3日間通い、2時間めいいっぱい泳げば1キロ痩せる事ができます。

運動を行えば筋肉が落ちることが無いのでリバウンドや、体型キープの上でとてもよいことは間違いないのです。

でも正直1キロを燃焼させるまでに時間がかかりすぎ、気持ちがへし折れてしまう事が多いが運動ダイエットのマイナス面。

要は達成しやすいほうを選ぶのが良い

どちらが良いというのはではなく、要は達成しやすいほうを選び取るのが大切です。

もちろん、どちらも平行しながらやるのが一番ですが、運動が嫌いな人に運動でダイエットしろ!といったって気持ちが続かず「私はダイエットできないんだ」とダイエットエンジンが切れてしまいます。

モチベーションを保ち続けるためにも、自分にあったダイエット方法を選び取り、どちらかをサブ的に取り入れるという方法が一番ストレスのない方法です。

ダイエットが少し成功すると、もっともっと痩せたいという欲が出てきますので、そうなるとイヤでも自分の苦手なダイエット方法を取り入れたくなるもの。

焦らなくてもその時で十分間に合います。

ダイエットの取っ掛かりは、どちらのダイエット方法でも◎!

気持ちのエンジンをかけて、前向きなダイエット心を作り出していきましょうね。


個人の体験などをもとにした内容となっています。記事を参考にダイエットをお試しの際は、健康状態や安全面に十分配慮のうえ、正しい方法でおこなってください。

↑ このページの上部へ