体の巡りアップ&代謝量も上がる!この夏おすすめの酢たまねぎとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

今「酢たまねぎ」がダイエットの話題を独占しているのをご存知でしょうか!

「34キロ痩せた!」「体調がよくなった」「体が軽い!」なんて口コミがどんどん出てきて、あまりの大幅減量多発ぶりに、話題が集中しました。

本当に酢たまねぎを食べるだけで痩せる事ができるのでしょうか?

今回は、この夏大流行!ダイエットに効果的な酢たまねぎについて見ていく事にしましょう。

♪まずはたまねぎの効果から♪

血液の流れをよくして代謝を上げる効果

たまねぎには硫化アリルという成分が含まれています。

この成分は、血液の流れを良くしてくれる効果があるといわれいるんです!

血液の流れが良くなると、血行がよくなり冷えを改善したり、隅々までビタミンやミネラルが運ばれやすくなるためダイエット効果もUPします。

また、代謝も上がり同じ運動をしても効果が上がりやすくなるという報告も。

ダイエット中には、ぜひとも食べたい食材の1つが「たまねぎ」なのです。

老廃物を押し流し、むくみを解消する効果

たまねぎに含まれる硫化アリルと、たまねぎの皮などにも含まれるケルセチンはむくみ解消してくれる効果もあります!

そもそも、血液をサラサラにする効果があるため、普段は中々行き届かない大腸までしっかり動かす事ができるのだそう。

そうなると、大腸の働きもよくなり腸内の毒素や、老廃物をどんどん外に押し流してくれるようになります。もちろん便秘にも効果あり!

便秘が解消されれば、より代謝があがり相乗効果でダイエットの効率がどんどん上がります。

活性酸素を増やさないようにしてくれる働き

老化の原因は、体の中に活性酸素が溜まること。

この活性酸素を増えないようにしてくれるのも、また「たまねぎ」効果の1つです。

セルケチンには、活性酸素をおさえてくれる働きがあるので、毎日とることでダイエットだけではなく、アンチエイジングにも効果を発揮します。

よぼよぼにならないダイエットをするためには、たまねぎを効果的に取る事が大切です。

酢を掛け合わせることでダイエット効果がUP

たまねぎだけでも、これだけのダイエット効果があるのですが、酢をプラスすることで

脂肪の蓄積を抑える効果と、疲労回復の効果がプラスされます。

また、酢を一緒にとることでたまねぎの成分が体に入り込みやすくなるため、効果が倍増するのだとか!

では、酢たまねぎの作り方を見てみましょう。

酢たまねぎの作り方

  • 玉ねぎ(中サイズ):1個
  • 酢:大さじ5
  • はちみつ:大さじ1~2
  • 塩:少々

基本的なレシピはこの通り。量を増やすのならそれぞれを倍量に増やしつつ作ってみてくださいね!

ドレッシングに混ぜたり、マリネに使ったり、スープにしたりと、使い方は広がります。自分の一番食べやすい方法で食べてみてください!


酢たまねぎを食べる量は1にち60グラム程度に抑えておきましょう。

蜂蜜などにもカロリーがあるので、たくさん食べてしまうと健康を通りこして太ってしまう可能性があるので気をつけましょう。

大幅減量に繋がる話題の酢たまねぎ!この夏あなたも試して見ませんか?

個人の体験などをもとにした内容となっています。記事を参考にダイエットをお試しの際は、健康状態や安全面に十分配慮のうえ、正しい方法でおこなってください。

↑ このページの上部へ