日本人の健康を支える「青汁」。期待できる健康・美容効果とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

日本人はもともと農耕民族であり、古くから米を主食とした食習慣に慣れ親しんできています。

さらに、さまざまな野菜を上手に食事に取り入れてきていたはずなのですが、現在では洋食の浸透、さらに外食産業の発展に伴い、野菜不足に陥りがちな状況となりつつあります。

そして、野菜不足の解消として登場してきたのが青汁です。では具体的に、青汁にはどのような効果を期待することができるのでしょうか?

野菜不足解消

なぜ野菜不足が問題なのか? という点について考えたときに、真っ先に挙げられるのがビタミン不足でしょう。

ビタミン類は数種類に分類され、それらのすべては他の栄養素の吸収を助ける働きや免疫力の向上に貢献しています。

つまり、ビタミンが不足してしまうと身体が必要としている栄養素をうまく吸収できなくなったり、病気を発症しやすくなったりすることが考えられます。

そして、そのビタミンを豊富に含んでいるのが青汁であるというわけです。

便秘の改善

便秘はお腹が張って辛いだけではなく、体内にガスを発生させる原因となったり、ダイエットの妨げとなったりします。

青汁にはビタミンのほか、食物繊維も豊富に含まれていますので、頑固な便秘も自然に改善する効果を期待することができます。

美肌

便秘は肌荒れの原因になり、ニキビや吹き出物ができやすくなります。美肌づくりの基本は、体内から必要な栄養素を吸収し、さらに老廃物を速やかに体外へ排出させるということ。

外部からのケアももちろん大切ですが、健康的な美肌づくりを目指すのであれば、身体の内部からのケアが先決です。

三大疾病の予防

三大疾病とは、がん、心筋梗塞、脳梗塞を指し、日本人の死亡原因のワースト3となっています。このような疾病が起こる原因はさまざまですが、偏食による栄養不足がその原因の大きな割合を占めています。

特に肉料理や油っこい料理が習慣となっている方は、野菜を含めた栄養バランスのよい料理を摂取している方と比較した場合には、大腸がんなど重篤な症状が現れやすい疾病を発症しやすい状態であると考えて間違いありません。

わかってはいても、なかなか適量を摂取することができないのが野菜であるという方は多いのではないかと思いますが、そのようなときには、1日に摂取する食品の中に青汁をプラスしてみてはいかがでしょうか。

ダイエット

青汁によく使われる野菜には、ダイエット時に不足しがちなカリウムが豊富に含まれています。

体内のカリウムが不足すると、体内の塩分を体外へ排出させる機能が弱まり、むくみを引き起こしやすくなるのでむくみやすい方は積極的に摂りたい成分です。

特に明日葉にはこのカリウムが豊富な上、代謝を良くするポリフェノールも多いので、ダイエット向きです。

また、桑の葉もカリウムが豊富で、さらに糖に働くDNJと言う成分も含まれています。

ダイエット目的ならこれらの素材にも注目して選んでみてください。

ダイエット青汁ランキングはこちら

個人の体験などをもとにした内容となっています。記事を参考にダイエットをお試しの際は、健康状態や安全面に十分配慮のうえ、正しい方法でおこなってください。

↑ このページの上部へ