ダイエット・便秘解消・栄養補給…目的で変わる青汁の効果的な飲み方とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

美容と健康に役立つ青汁は、医薬品ではなく食品ですのでお好きなときに飲んでかまいません。

ですが、飲むタイミングによって現れる効果に若干の違いがありますので、ご自身が青汁を飲む目的は何か?という部分をしっかり把握して、効果的な飲み方を実践してみて下さいね。

便秘解消

就寝前がベストです。青汁に豊富に含まれている食物繊維が就寝中のあなたの腸に優しく作用し、お目覚めの頃にスムーズなお通じがあります。

ただし、就寝直前に飲んでしまうと、腸がゴロゴロと動くような感じがして睡眠を妨げる原因となってしまうことがあります。

万が一腸がこのような状態となったら、お風呂上がりのリラックスタイムに飲むなど、飲むタイミングを少しずらしてみましょう。

ダイエット

食前がベストなタイミングです。プレミール習慣という言葉をご存じでしょうか?

これは、食事をする前に低カロリーの飲み物やヨーグルトなどを摂取することにより、過食を防ぐというものです。

特に青汁には食物繊維が多く含まれており、食事の20分前を目安に青汁を摂取しておくことによって食物繊維が満腹中枢に働きかけます。

つまり、これが過食防止につながり、ダイエットに役立つということですね。

青汁の栄養を最大限に吸収したい

朝一番がおススメです。朝一番の胃は空であるため、どのような栄養素であっても非常に吸収しやすい状態となっています。

睡眠をたっぷり取っても疲れがなかなか抜けないというときも、朝一番に青汁を飲むことを習慣にすれば疲れが抜けやすい身体づくりに役立ちます。

ただし、朝一番に冷たい飲み物を胃に入れると胃の負担が大きくなりますので、必ず常温以上の温度で飲むか、口の中で温めながら少しずつ胃の中に流し込むようにして下さいね。

また、朝一番に飲むことが難しいという場合には、朝食のお伴として飲んでみましょう。

ヨーグルトの混ぜて食べるというのもおススメできる方法ですので、ぜひ、ご自身にとって摂取しやすい方法を見つけ出してみて下さいね。

個人の体験などをもとにした内容となっています。記事を参考にダイエットをお試しの際は、健康状態や安全面に十分配慮のうえ、正しい方法でおこなってください。

↑ このページの上部へ