青汁を無理なく続けたい方に!青汁を美味しくアレンジしてみよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

どこかに美味しい青汁ってない? 現在までにさまざまな青汁を試してみたけれど、どうしても味が苦手で飲めない。このような方は多いのではないでしょうか?

最も味に癖があって飲みにくい青汁はケールですが、現在では比較的味に癖がない大麦若葉青汁、桑の葉青汁などが登場し、それぞれに高い人気を誇っているようです。

ところが、そのように飲みやすさを前面に掲げて販売されている青汁であっても、どうしても飲むことができないという方が多く存在しています。

でば、そのようなときにはどのような工夫を行えばよいのでしょうか?

飲み物で割ってみる

1:1の割合で、青汁を牛乳または豆乳で割ってみましょう。これにより、意外なほど青汁の苦みや青臭さが気にならなくなり、とても飲みやすくなります。

お好みにより、ハチミツを少量加えれば、さらにまろやかさが増して飲みやすくなりますよ。

また、牛乳には動物性タンパク質やカルシウム、豆乳には植物性タンパク質と大豆イソフラボンが含まれていますので、これらの栄養素を同時に摂取することができるというメリットもありますね。

牛乳や豆乳があまりお好きでないという方は、野菜ジュースやフルーツジュースで割るという方法がおススメです。

この方法もまた、青汁の栄養素に加えて、野菜や果実に含まれるビタミン類などの栄養素を同時に摂取することができますのでオススメです。

青汁+ヨーグルト

プレーンヨーグルトに青汁を混ぜてみましょう。ヨーグルトのまろやかさが、青汁独特の苦みをカバーし、驚くほど美味しくなりますよ。

それでもまだ苦みや青臭さが気になるのであれば、フルーツソース、メイプルシロップ、ハチミツなどで味を整えてみて下さいね。

青汁クッキーを作ってみよう

クッキーの生地に、青汁粉末を練り込みます。青汁クッキーは青汁をあまり感じさせず、抹茶クッキーのような香ばしい風味が特徴。

ただし、どちらかというと大人向きの味で、お子さんにはあまり喜ばれないかもしれません。

お子さんに青汁クッキーを食べさせたい場合には、はじめはごく少量の青汁粉末を生地に練り込み、様子を見て下さい。

青汁の風味より甘味が勝っている場合には、市販されているクッキーのような仕上がりになりますので、案外あっさり食べてくれるかもしれませんよ。

個人の体験などをもとにした内容となっています。記事を参考にダイエットをお試しの際は、健康状態や安全面に十分配慮のうえ、正しい方法でおこなってください。

↑ このページの上部へ