青汁置き換えダイエットのやり方、注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

短期間でダイエットの成果を出したい方に人気なのが、置き換えダイエットですね。

現在人気を集めている置き換えダイエットには、ダイエット食品での置き換え、酵素ドリンクによる置き換えなどがありますが、置き換え用のダイエット食品も酵素ドリンクも価格が高価であるという難点を持ち、経済的な理由からリタイアしてしまう方が多いと聞きます。

では、栄養価が高く、ダイエットにはもってこいの青汁を置き換えダイエットに利用することはできないのでしょうか?

結論からお話しますと、青汁での置き換えダイエットは可能です。

ただし、いくつか注意しなければならない点がありますので、注意事項をしっかりと守った上で、青汁での置き換えダイエットにチャレンジしてみて下さいね。

青汁で置き換えダイエットを行うことができる理由

青汁には、ダイエット時に不足しがちなビタミン類、ミネラル類、食物繊維などの栄養素が多く含まれているため、栄養不足による代謝不良や冷え症、便秘などの症状を防止することができるというメリットがあります。

青汁はそれだけで美容と健康を維持する効果を期待することができますので、ダイエット時はもちろんのこと、日常生活の中にも上手に取り入れて行きたい食品であると捉えることができます。

青汁で置き換えダイエットを行う際の注意点とは?

まず、極端なカロリー制限は控え、最低でも基礎代謝量分のカロリー摂取は行って下さい。

というのは、1日の中で基礎代謝分のカロリー摂取が行われなかった場合には、摂取した食品のすべてがエネルギーを生産するに当たって必要なカロリーに回され、肝心な栄養素を身体が受け取ることができなくなってしまうからです。

すると、なにが起こるのでしょうか?

明らかにカロリー不足となった身体は、脳から「あらゆる栄養素を熱量生産に回しなさい」という指令を受け取り、身体の細胞や各器官、骨や筋肉の維持を行うはずの栄養素を熱量生産に回すようになります。

すると、筋肉の衰退、乾燥肌、抜け毛などの症状が現れはじめます。どれほど痩せることができても、健康を害してしまっては目も当てられない状態になることは明らかです。

青汁で置き換えダイエットを行うのであれば、2食分まで。1日2食の方は、1食分を青汁に置き換え、残りの食事は普通に摂取して下さい。

青汁と普通食のバランスにも気をつけて!

青汁の原料は野菜や植物が多いので、水に溶かした場合かなり低カロリーの飲み物となります。

余分なカロリーを摂取せず、たっぷりのビタミン、ミネラルが摂れる点が青汁のメリットなのですが、置き換えダイエットドリンクとしては、このカロリーの低さがデメリットになる事も。

基礎代謝を下回らないよう1日1200kcalを目標にし、1日2食を水で作った青汁にするとします。

そうした場合、普通食で得らなければいけないカロリーは1000kcalを越える事となってしまいます。

1食だけボリュームが多すぎるのはバランスが悪く、また、青汁だけでは腹持ちが悪いので「ドカ食い」を引きおこすきっかけにもなるので避けたいところです。

また、ミキサーがある場合はバナナやヨーグルト、きな粉などとミックスし、さらに置き換えドリンクに近い飲み物にするのも良いですね。

水で作った青汁で行いたい場合は、1日4~5食にして普通食一回分を400~600kcalに抑えられるように工夫しましょう。

青汁で安心しないこと

青汁で置き換えダイエットを行ったからといって、確実にダイエットに成功できるのかといえば、それは間違いです。

どのような置き換えダイエットでも同様ですが、置き換え以外の食事で明らかなカロリーオーバーを冒してしまっては意味がありません。

1日1200~1600キロカロリーを目安にカロリーをセーブし、青汁での置き換えダイエットを成功させましょう。

ダイエットにおすすめ!青汁ランキング

個人の体験などをもとにした内容となっています。記事を参考にダイエットをお試しの際は、健康状態や安全面に十分配慮のうえ、正しい方法でおこなってください。

↑ このページの上部へ