朝バナナはもう古い?便秘外来院長が薦める!ホットバナナダイエット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

朝バナナダイエットって一時、流行しましたよね!

でも、効果が出てるのか出てないのかがイマイチで、いまでも続けていると言う人は少ないようです。

でも最近、新しいバナナダイエットが話題になりつつあります。

便秘外来で有名な松生クリニックの院長先生が推薦するダイエット法。

その名も「ホットバナナダイエット」です。

バナナを温めると普通のバナナよりも色々な利点があるのだとか。

今回は、便秘外来院長が進める!ホットバナナダイエットについてお話ししていきます。

おさらい!バナナに含まれたダイエット効果を知ろう

バナナに含まれたダイエット効果をもう一度おさらいしましょう。

バナナのダイエット効果は大きく見てこの5つです。

  • 脂肪燃焼に必要とされるビタミンBが豊富に含まれている
  • 食物繊維たっぷりで便秘解消に繋がる
  • ハッピーホルモンと呼ばれるセロトニンを出すお手伝いをしてくれる
  • カリウムなどミネラルが豊富でむくみ知らずの体になれる
  • 体の酸化を防ぐファイトケミカルが含まれアンチエイジング効果がある

バナナには沢山のダイエットに必要な栄養素が含まれ、ダイエットをすると陥りやすくなる栄養不足も解消してくれます。

また、ハッピーホルモンと呼ばれるセロトニンを出すお手伝いもしてくれます。

ダイエットをすると必ずといって起こってくるイライラや、落ち込み感を軽減し、ダイエットモチベーションを落とさずに楽しく続ける事ができるのも利点。

なぜバナナを焼くほうが良いの?

バナナには色々な栄養素が入っている事はお解かりいただけたと思います。

でも、なぜ「焼きバナナ」なのでしょうか?

普通、野菜や果物は熱を加えるとビタミンが流れだし、口に入る時にはすかすかな栄養素になってしまう事が多いのですが、バナナだけは違います。

熱しても失われるビタミンが少なく、甘さもまし、焼くことでアンチエイジングの元ファイトケミカルも吸収されやすくなるのだとか。

また温めることでオリゴ糖も増えるので、便秘を解消する効果も一段とUP!

バナナは体を冷やすと言われることもありますが、焼いて食べる事で胃腸を温め冬でも安心してバナナダイエットを続ける事ができます。

ホットバナナの作り方!

作り方は超簡単!

電子レンジで40秒チンするか、フライパンで1分、焼き色が付くまで温めればOKです。これなら忙しい朝も朝食を作るよりも簡単に作れてしまいますね!

ホットバナナだけだだとどうしても飽きが来てしまう・・という人にはアレンジもお勧め

  • オリーブオイルをかけてやけば、より便秘解消効果がUP
  • 生姜や、シナモン、ココアを混ぜて冷え解消に
  • シリアルでかさましして満腹感UP
  • ココナッツオイルをかけてケトンダイエットのお供に
  • カロリーゼロの砂糖をかけて焼くとカラメルっぽくなりおやつにも最適

いろいろな食べ方を自分なりに見つけて、長く焼きバナナダイエットを続けれるように工夫してみましょう。

今回は、便秘外来院長が進める!ホットバナナダイエットについてお話を進めていきました。バナナには、もちろん強い便秘解消効果が期待できます。

でもその他にも、綺麗になるために無くてはならない栄養素が豊富に含まれている万能食材!ダイエットに取り入れないなんて勿体無さ過ぎます。

1ヶ月で6キロマイナスできた!という報告もありますので、大幅ダイエットを目指す人もぜひお試しあれ~♪


個人の体験などをもとにした内容となっています。記事を参考にダイエットをお試しの際は、健康状態や安全面に十分配慮のうえ、正しい方法でおこなってください。

↑ このページの上部へ