美容体重・モデル体重って?BMIで見るダイエットの目標値

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

他人から見るとまったく普通の体型なのに、自分では太り過ぎだしと思い込み、無理なダイエットを決行する方があとを絶ちません。

ダイエット自体は決して悪いことではありませんし、頑張った結果、理想のプロポーションを手に入れることができたのであれば、それが自分自身の自信にもつながることでしょう。

ですが、それがあまりにもエスカレートしてしまうと、どれだけ痩せてもまだ自分は太り過ぎだと思い込み、最終的には身体が食物を受け付けなくなる”拒食症”を引き起こしてしまう可能性が極めて高くなります。

今回は、健康体重と美容体重についてのお話です。

健康体重とは?

BMI指数という言葉を見聞きしたこととのある方は多いのではないでしょうか。
身長と体重のバランスから算出した肥満指数を指し、計算式は以下のようになります。

たとえば、身長160㎝で体重50㎏では、BMI指数が19.53125となります。

上記の計算例の場合では標準体重ということになります。つまり、健康的な体重であると捉えることができるということですね。

美容体重・モデル体重とは?

日本人女性の理想的な美容体重は20であるといわれており、上記の身長160㎝、体重50㎏では美容体重であると考えることができます。

ただし、これはあくまでも健康面を重視した数値ですので、見た目を重視したモデル体重とは異なります。

では、モデル体重の基準はどのようになっているのでしょうか?

モデルとして理想的なBMI指数は18とされており、身長160㎝の場合では、46㎏でBMI指数が17.96875となります。

筋肉と脂肪のバランスで考えてみる

上記でご紹介したBMI指数は、あくまでも身長と体重だけで割り出した数字であるため、筋肉と脂肪の割合は計算の中に入っていません。

たとえば、こんなことってないでしょうか?

身長、体重がまったく同じ2人を見比べてみたとき、明らかに一方の人が太って見える。

これは、この2人の筋肉と脂肪の比率に差が生じているためです。

というのは、同じ体積の場合では筋肉のほうが重く、同じ身長、体重であっても脂肪の比率が高い方の場合では、筋肉の比率が高い方に比べて20%程度太って見えてしまうから。

ここまで読み進めて、皆さんはどうお感じになりましたか?

体重だけに捉われるよりも、筋肉を鍛えて引き締めることのほうが大切だとは思いませんか?

体重を減らすことだけに労力を費やしてしまうと、体脂肪ばかりではなく筋肉の量が減り、不健康な状態へと導かれてしまう可能性が高くなるということですね。

BMI指数はあくまでも参考までに

BMI指数が極端に高い場合には肥満である可能性が極めて高く、食事制限や運動などを組み合わせて体重を落とす必要があるでしょう。

ですが、美容体重、モデル体重を目指したいのであれば、上記で示した数値はあくまでも目安と捉え、無理な減量は控えて下さい。

さらに、筋肉量を減らさないための運動やタンパク質やミネラルをはじめとする栄養素の摂取も大切です。

万が一拒食症にでもなってしまったら、モデル云々と言っている場合ではなくなってしまいますよ。

体重を落とす=美しいプロポーションになれるということではありませんので、極端な食事制限は避け、筋肉量をキープしながら痩せる努力を行ってみて下さいね。

個人の体験などをもとにした内容となっています。記事を参考にダイエットをお試しの際は、健康状態や安全面に十分配慮のうえ、正しい方法でおこなってください。

↑ このページの上部へ