低インシュリンダイエットって何だろう!?気にすべきはカロリーではなく「GI値」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

低インシュリンダイエットって聞いたことありますか?

口コミでも「かなり痩せた」「減量効果がすごい」などかなりの高評価なんです。

本来低インシュリンダイエットは、糖尿病の患者さんのために編み出されたダイエット法で、糖質をできるだけ抑えるように考えられたもの。

でも、このダイエット!かなり大幅な減量もできちゃうみたい。

今回は、低インシュリンダイエットとはどんなもの!?ついてお話します。

太る原因は血糖値の上昇

体に脂肪が付いてしまう理由は、食事のときに血糖値が上がることによってのインシュリンの分泌量に関係があります。

血糖値はお腹が空いている時にあがりやすく、よくお相撲さんが朝何も食べずに稽古に励み、死ぬほどお腹を空かせたたらふく食べるという食事方法を取っていますよね。

あれは、お腹をすかせることで食事の時の血糖値を上げ、太りやすくするためなんです。

血糖値をいかに上げないで食事をするか。

ここに注意してダイエットを行なえば、脂肪を新しくつけることなく、今まで溜めてきた脂肪を燃焼させながら上手にダイエットしていくことができるのです。

今までのダイエットを低インシュリンダイエットの違い

今までのダイエットは食べる物そのもののカロリーを極力押さえることにより、血糖値の上昇を低い状態に押さえ、その結果インシュリンの分泌量も抑えるという方法でした。

でも、この方法だと脳内の中枢神経のバランスに支障をきたしたり、代謝の機能も悪くなってしまうと立証され、問題視され始めたのです。

代謝が悪くなればリバウンドの原因になり、リバウンドをしてしまえばやせ難くなってしまう。

そんな悪循環を避けるために考えられたのがGI値による食べ物の管理です。

GI値の数値が高い食品ほど血糖値が上がりやすく、太りやすい食材なのだという考えの下行なわれるダイエット方法です。

GI値という値で考えるので、同じカロリーの食材ならGI値が低い食材を選ぶことで体に脂肪が付きにくい状態にしてくれます。

低インシュリンダイエットをする利点とは?

  • 糖尿病の予防
  • 無理の無いダイエット
  • 高血圧、心疾患、高血圧、脂質異常の改善
  • 内臓脂肪を効率的に落とせる
  • 肝疾患治療のための食事療法として使える
  • かなか戻らない

これを見ているだけでも、かなり健康になれそうだな!という感じですよね。

とてもたくさんの利点がある低インシュリンダイエット、気をつけたいポイントはあるのでしょうか?

低インシュリンダイエットをする時に気をつけたいポイント

  • 食後のフルーツは血糖値があがりやすいので避ける
  • 運動も取り入れ食事だけのダイエットに頼らない
  • 米は乳製品とあわせて取ることでGI値を低くすることができる
  • パスタは硬めにゆでるとGI値が低くなる
  • 糖質の多いチャーハンを食べるときは、植物性の油で胃に膜を作ればGI値が下がる。油の量は少なめでも大丈夫
  • 酢を積極的に使うことでGI値を下げることができる

GI値が高い白米などを食べるときには色々注意して食べることが求められるみたい。

ちょっとの工夫でGI値が低くなるのでしっかり覚えて役立てましょう。


いかがでしたか?

GI値で食品をわけ、食べることで低インシュリンダイエットを上手に行なっていけるようになります。

なれないうちは中々、食品分けが難しいと思いますが、インターネットなどで検索をすればすぐに見つけ出せだせますので、食事を取る前に1回チェックの癖をつけると良いかも。

貴女も、GI値の低い食品で大幅ダイエットにチャレンジしてみましょう。

個人の体験などをもとにした内容となっています。記事を参考にダイエットをお試しの際は、健康状態や安全面に十分配慮のうえ、正しい方法でおこなってください。

↑ このページの上部へ