黒烏龍茶はネーミングの妙?その正体を探る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

スーパーやコンビニのペットボトルはもちろん、お茶専門店やファミレス、居酒屋でも取り扱っている黒烏龍茶。

有名飲料メーカーをはじめ、様々な企業が特定保健用食品として商品化していますよね。

ダイエットに良さそうなイメージはあるものの、普通の烏龍茶との違いをご存知ですか?

人気の黒烏龍茶でダイエットはできるのか?その正体についてみてみましょう。

黒烏龍茶とは?

多くの商品があるため、実際に口にしたことがある人も多いのではないでしょうか?

黒烏龍茶は普通の烏龍茶よりも色味が濃く、渋みのある味が特徴です。さらに、価格もちょっと割高ですよね。

そのため、烏龍茶とは別の種類の茶葉を使用していると思われる方も多いようです。

実は使用している茶葉は烏龍茶と同じもの。抽出方法が異なるため、見た目と味に違いがあります。

つまりこの二つにに明確な違いはなく、黒烏龍茶は販売企業がそれっぽく名づけた造語に過ぎないのです。

商品によっては普通の烏龍茶との大きな差がないものも。

「黒烏龍茶」という名前だから烏龍茶よりも優れているとも限らないのです。

烏龍茶がダイエットのお供に優れている理由

そもそも烏龍茶自体に脂肪を燃焼させる働きがあるため、ダイエット向けなお茶として昔から定着していますよね。

日常的に飲むのはもちろん、食事の脂肪分を分解しやすくするため、油っこい食事中や食後に飲むと良いとされてきました。

爽やかな苦味が口の中をサッパリさせてくれるので脂の多い中華料理に適したお茶と言えるでしょう。

また、カフェインが代謝を上げる力もあるため、運動前に摂取するのもおすすめです。

黒とつかなくとも、烏龍茶自体ダイエット効果の高い飲料なのです。

それでも黒烏龍茶を選ぶ理由

烏龍茶だけでもダイエット効果があるのなら、黒烏龍茶は不要なのでしょうか?

違いは抽出方法だけですが、それによりポリフェノールの量が格段に多くなっている事が最大の特徴です。

ポリフェノールには脂肪燃焼効果や脂肪の吸収を抑える効果があるため、その量が増えることでより痩せる力がアップするとされているのですね。

一概に黒烏龍茶だからポリフェノールを多く含むとは言えませんが、ポリフェノールの含有量が多いことを示している商品であればダイエット飲料として活用できるでしょう。

ダイエット飲料を探す際に、「黒」というネーミングは目安になりますが、名前だけにとらわれず、しっかり成分をチェックする事もお忘れなく。

今売れているダイエット茶
スルスル茶

個人の体験などをもとにした内容となっています。記事を参考にダイエットをお試しの際は、健康状態や安全面に十分配慮のうえ、正しい方法でおこなってください。

↑ このページの上部へ