代謝アップ&便秘解消で5キロ減!トマト成分がダイエットに効果的な理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ダイエットを効率的に進めたいのならトマトジュースがお勧めです。

実は私も、体重が一時的に増加した時、友人からトマトジュースを勧められ試したところ、すんなりマイナス5キロ痩せることができました!

トマト成分のサプリなども薬局で販売されるなど、ダイエットに良いことはなんとなくわかっていても、その裏づけを知る人は少ないはず。

今回は、トマト成分がダイエットに効果的な理由をお話しします。

リコピンが代謝を高める

ダイエットの鍵を握るのは「代謝」ですよね。

いくら必死のダイエットを続けても、代謝が悪ければ効果も半減してしまいます。

その点トマトジュースを飲むと、トマトや、トマトジュースに含まれるリコピンの作用で、代謝を上げることができます。

代謝を上げることで、生きているだけで消費する基本的なカロリー消費量もUPすることもできますし、お肌のターンオーバーを助ける働きも期待できます。

まさに、美容と健康両方を得ることのできる栄養素がトマトや、トマトジュースに含まれるリコピンなのです。

ペクチンが便秘を解消

トマトやトマトジュースに含まれるペクチンが便通を良くする事もわかっています。

腸の働きを活発にすることで、便秘を解消すればおのずと不必要な物がお腹にたまらないのでダイエット効果を期待することができます。

また、腸の中に便がたまらなくなると、腸が健康になり、ダイエットに必要な栄養素を上手に取り入れ、サプリなどの効果をかなりUPさせることもできるんです。

ダイエット中に便秘は気になるけど、食物繊維を大量に取るためにはそれなりのカロリーも同時に摂取することになります。

できるだけカロリーを抑えながら便秘を解消したい!そんな時にトマトやトマトジュースはとてもうれしい食材(食品)なのです。

なぜトマトジュースが良いのか

もちろん、生のトマトを食べるのがフレッシュでよいですよね!

でも、ダイエット効果を上げ、プラス代謝を上げるためには、16mlほどのリコピンが

必要になります。16mlのリコピンを摂取するために必要なトマトの量は大玉3つ分。どんなにトマトが好きな人でも、1日に3つを毎日食べ続けるのはキツイ。しかも経済的に優しくありません。

でも、トマトジュースでリコピンを摂取しようとすると16mlを取るためにコップ1杯飲めばいいだけ。これなら続けられそうですよね!

トマトジュースを飲むときの注意

トマトジュースには塩分が含まれているものがあります。

トマトジュースをよりおいしく、甘く感じさせるために入っているのですが、かなりの塩分量。なんと600mlのトマトジュースを飲むと1日に必要な塩分量を超えてしまうという話もあります。そうなるとむくみが気になってしまいますよね。

トマトジュースは塩分が入っていない物を必ず選ぶようにしてください。

また、飲む時間は夜が良いとされます。

リコピンは寝ている間に吸収されやすいことがわかっていますので、歯磨き前の1杯として飲むのがよさそう。


秋口になると生のトマトの値段が高騰します。

なかなかトマトを食べられないという人は是非、トマトジュースを購入してダイエット効果を実感してみてくださいね。

また、成分を凝縮したサプリもおすすめです。効率よくリコピンを摂取でき、寝る直前でも飲めるお手軽さが人気です。

個人の体験などをもとにした内容となっています。記事を参考にダイエットをお試しの際は、健康状態や安全面に十分配慮のうえ、正しい方法でおこなってください。

↑ このページの上部へ