置き換えダイエットで肝心なのはトータル摂取カロリー!痩せない理由は「普通食」にあり?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

なんとしてでも美しく痩せたい。

真剣にダイエットを行っている方々の多くは、このような思いを胸に秘めているのでしょう。

そしてまた、そのような方の中には、ご自身で考えたメニューでは栄養不足が心配だからと、1日の中の食事の1食または2食、置き換え用のダイエット食品を摂取しているという方もいらっしゃるはずです。

ところが、そのような置き換えダイエットを行っても、なかなか痩せることができないという方が存在しています。

これはいったい、どうしたことなのでしょうか?

置き換えダイエット食品で安心してしまっている

これがダイエットに成功できない最も大きな理由なのではないかと思われます。

たとえば、1日3食のうち1食をダイエット食品に置き換えるとして考えてみましょう。

基礎代謝を1200キロカロリーとした場合、それを上回るカロリー摂取を行わなければ確実に痩せることができるはずです。

そして、置き換えダイエット食品を200キロカロリーとした場合に、摂取することのできる食品のカロリーは1000キロカロリー、これを2食分に分割すると、1食当たり500キロカロリーということになります。

また、1日2食をダイエット食品に置き換えるのであれば、ダイエット食品のカロリーが2食分で400キロカロリーということになり、食事では800キロカロリーまでの摂取がOKということになりますね。

このように数字で説明すると案外簡単なように思えますが、やってみると意外にうまく行かないことがあります。

では、なにが置き換えダイエットの邪魔になっているのでしょうか? それは、”置き換えダイエット食を食べているのだから、これくらい食べても大丈夫”という気の緩みです。

つまり、食事のカロリーが大幅にオーバーしてしまうことも考えられるということです。

置き換えダイエットを使用してダイエットを行う場合には、それを含めた1日の摂取カロリーを決め、定めた摂取カロリーをオーバーしてしまわないことがなによりも大切です。

意外な落とし穴に気をつけて!

それは、清涼飲料水です。

清涼飲料水がただの水ではないということはご承知の通りですが、清涼飲料の中には意外にカロリーの高いものもあり、これを1日に何度も摂取してしまうと、せっかくの置き換えダイエットが台無しになってしまいます。

ダイエット中に甘い飲み物が欲しくなったら、紅茶に数滴ハチミツを加えて飲んでみましょう。

ハチミツは砂糖の数倍甘味を感じるという性質を持っていますので、ダイエットに役立つことは間違いありません。

ただし、ハチミツにもカロリーはありますので、はちみつ入りの紅茶は1日2杯程度に留めておきましょうね。

今売れている置き換えダイエットシェイク
美容液シェイク

個人の体験などをもとにした内容となっています。記事を参考にダイエットをお試しの際は、健康状態や安全面に十分配慮のうえ、正しい方法でおこなってください。

↑ このページの上部へ