痩せにくいのは骨盤がゆがんでいるから!?骨盤を矯正して痩せるメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

なかなか痩せない下半身。ダイエットを頑張っても下腹や脚が太いままではありませんか?

また、健康には気をつけているのに便秘がち、冷え性、ひどい生理痛を抱えている方、それは骨盤がゆがんでいるからかもしれません。

人の体の要となり、女性にとって大切なポイントとなる骨盤。

ダイエットは、その骨盤のゆがみを取り除くことから始めてみましょう!

骨盤とは?

骨盤とはその名の通り、3つの骨から構成されているかたまりを指します。

それぞれの骨は「仙骨」「尾骨」「寛骨」と呼ばれ、お尻のあたりに位置しています。

上半身を支えつつ、下半身とをつなぐ大切な役割を担っています。

骨盤がゆがむとどうなる?

この骨盤はゆがみを起こしやすいうえに、骨盤自体がゆがむことによって全身にもゆがみを生じてしまいます。

特に女性は骨盤が開きやすい体型のため、生活習慣などによってゆがみが生じやすい傾向にあります。

骨盤のゆがみ方にはタイプがあり、骨盤が後ろに沿ってしまうと下腹はポッコリと、お尻も付き出したように出てしまう体型になってしまいます。

骨盤が左右に開いてしまうと足の形が変形してO脚になってしまい、上下にずれると太ももが太くなり、お尻が垂れ下がってしまいます。

骨盤のゆがみを放置したままダイエットをしても、肝心のウエストや下半身は理想の体型にならず、苦労をされることも多いでしょう。

骨盤のゆがみを簡単にチェックする方法

まずは片足で立ち、何秒立てるか試してみてください。10秒以上立っていられなければ要注意です。

目をつぶって足踏みをした時、にクルクルと回ってしまう方も骨盤が歪んでいる可能性が高いです。

仰向けで寝て膝を立てた時に左右の膝の高さが違う場合、脚を組んだ時に片方だけ違和感がある場合も骨盤は歪んでいます。

他にもスカートを履いて歩いた時にスカートが回ってしまう、O脚かX脚である、鏡で見た時に肩の高さが違うという人も骨盤の左右の高さや前後の位置にズレが生じています。

骨盤ダイエットの方法

骨盤を引き締める方法の一つに、「骨盤回し」があります。

腰を揺らすことによって骨盤の位置やゆがみを整え、引き締めることができます。

肩幅に足を開き、腰を前後に左右に動かしたら、腰をゆっくりと回してみましょう。

20~30回回したら、逆方向にも回します。

上半身、特に肩の位置をうごかさないように注意しながら腰だけを回してください。

空いた時間を有効活用し、1日に何度も行ってみましょう。

骨盤矯正ダイエットで得られる効果

骨盤の開きを矯正し、左右前後対称の正しい位置に戻すことで得られるメリットは大きいです。

血流がよくなることによって下半身の冷えが改善し、醜いセルライトを除去しやすくなります。

骨盤からまっすぐ脚が伸びることにより、実際のサイズが変わらなくとも細く見せることができます。

ヒップは丸く引き締まり、トレーニングによっては上向きに上げることも可能になるでしょう。

女性らしいくびれのあるウエストと、ペッタリとへこんだ下腹を手に入れることもできるようになります。

内臓の位置が整うことから便秘が解消され、生理不順や生理痛が緩和されることもあります。

上半身では姿勢が整うことでバストがアップすることと、背中の余分な脂肪を落とすことで引き締まった後姿を作ることができます。

体の要となる骨盤を整えることは、女性にとっては嬉しいメリットばかりと言えるでしょう。

まずは骨盤を整える方法を取り入れつつ、食事制限や運動を取り入れてみましょう。

効率よく痩せることができ、ダイエットするモチベーションも保ちやすくなるでしょう。

簡単な骨盤ダイエットを取り入れ、理想のスタイルを手に入れてください。

個人の体験などをもとにした内容となっています。記事を参考にダイエットをお試しの際は、健康状態や安全面に十分配慮のうえ、正しい方法でおこなってください。

↑ このページの上部へ