運動したくない!食べ物だけで脂肪を燃焼する事ができるか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

脂肪を燃焼させるためには、やはり運動しかない!と思っている人も多いでしょう。

でも、そんな事は無いんです。

脂肪を燃焼させてくれる食べ物を食べれば、運動なんてしなくてもダイエットする事は可能。

では、食べるだけで脂肪を燃焼してくれる食べ物とはどんな物があるのでしょう。一緒に見て行くことにしましょう。

1・グレープフルーツ

グレープフルーツに含まれるヌートカートンという成分に脂肪を燃焼する力が促進されると言われます。

グレープフルーツを食べた時のあのちょっぴり苦い匂いの成分のこと。

朝一番にグレープフルーツを食べれば、それ以降の普通の動きでも脂肪をガンガン燃やしてくれるのでダイエットに役立てたい食品の1つです。

2・シナモン

シナモンは、体温を上げる効果があり、冷え性や代謝不良の改善に役立ちます。

この他にも、血糖値を下げる働きもあるため、脂肪燃焼効率がグンと上がるといわれています。

紅茶やコーヒーに混ぜて飲むようにすれば、この冬、冷え知らずの体になれるかも!

3・鶏肉

鶏肉、特に胸肉や、ささみには、たんぱく質がたくさん含まれます。

脂肪を燃焼するためには、たんぱく質をしっかりと取る事が求められるんだとか。

たんぱく質は、脂肪燃焼の他にもダイエット中にどうしても減ってしまう筋肉の減りをストップさせる力も。

しっかりたんぱく質を取って痩せやすい体をキープです!

4・りんご

りんごもダイエットに力を発揮してくれる食材です。

天然のフラボノイドが含まれて居ますので、効果的に血糖値をさげ、脂肪の吸収を抑えます。

りんごは、どちらかといえば脂肪を燃焼させるというよりも、脂肪が付きにくくする予防のような効果なので、脂肪燃焼効果の高い食品とあわせて食べることをお勧めします。

5・ブルーベリー

ブルーベリーには脂肪細胞を増やさないようにする力があると言われます。

脂肪細胞は、一度増えてしまうと絶対に減らない厄介な物。

そのため、ダイエットと同時にこれ以上増やさない努力をしていくのも大切です。

ブルーベリーには、アントシアニンが含まれて居ますが、アントシアニンは腸内の善玉菌を増やす役目を果たします。

ヨーグルトにブルーベリー味が良くあるのはこのためです。


いかがでしたか?

今回は、食べるだけで脂肪燃焼を助けてくれる食べ物を5つご紹介しました。

運動が苦手だったり、モチベーションが下がってダイエットに力が入らない時は、脂肪燃焼効果のある食べ物をしっかり食べて、体重を増やさないようにしていきましょう。

個人の体験などをもとにした内容となっています。記事を参考にダイエットをお試しの際は、健康状態や安全面に十分配慮のうえ、正しい方法でおこなってください。

↑ このページの上部へ