こんなに頑張っているのに!運動しても痩せられない理由3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ダイエットには運動が欠かせません。

ダイエットスピードを上げるために、一生懸命毎日有酸素運動をしている人も少なく無いでしょう。

でも、中には「運動しているのに一切体重が減らない」と不安になって落ち込む人もいるみたい。

普通なら運動をすればカロリー消費もするので痩せるはずですが、痩せないという事態に陥ってしまうのでしょうか?

今回は、こんなに頑張っているのに!運動しても痩せられない理由3つをお教えしたいと思います。

理由1:運動強度が弱すぎる

ウォーキングは有酸素運動だからダイエットに効く!

確かに、それ自体は間違いはないのです。

でも、ただウォーキングしているだけでは脂肪の燃焼につながりません。

運動をしても、その運動の強度が弱ければ効果が出ないんです。

もちろん、日の光を浴びることは、交感神経や副交感神経を正常に働かせるために必要です。

睡眠がしっかり取れるという点では利点があるのですが、それだけでは痩せません。運動強度は息が弾む程度、心拍120程度が理想です。

120の心拍ってどのくらいだろうとスポーツジムで計ってみましたが、結構キツいですよ!普通に呼吸が出来る程度ではダメという事。

隣に人がいて、何とか会話が出きるかな?いやしゃべりたくないな・・くらいの強さがベストです。体重や、筋肉量によって運動強度には違いがでます。

中には、ウォーキング程度では120心拍に達しない人も多いので、そういう人はジョギングに切り替えていく必要があります。

理由2:お腹が空いている時に運動している

ダイエットサイトでは、空腹時の運動が良いとされます。

なぜなら、胃になにも入って居ない状態で運動をすると、体の脂肪が使われて、すばやく脂肪燃焼ができるという理由からです。

確かに、脂肪は空腹時のほうが燃えます。

でも、同時に筋肉を溶かしながら糖分を作り出してしまうので、結果筋肉量が減り基礎代謝が落ち、運動をしてもしても痩せない体になってしまいます。

空腹時の運動は、開始直後に脂肪を燃焼させてくれるのが利点でもあるので、その利点を何とか利用出来ないか・・・。

そのためには、運動強度を落として運動をする事。先ほどは運動強度は120心拍にするといいましたが、空腹時の運動は100程度にする。

こうする事で、体の糖分を使わずに脂肪だけを燃焼さえることが可能です。

理由3:食後すぐに運動をしている

食後すぐに運動をすると、脂肪は絶対に燃えません。

食後は血糖値が高くインシュリンが大量に出ている時間帯。

この時間帯は食後2時間続くと言われ、インシュリンが出ている時間に運動をしても効果は半分以下。

辛い思いをしているのに全然痩せないという最も悪の状態が続きます。

インシュリンが減り始める食後2時間後くらいが運動を始めるベストなタイミング。

運動をしても痩せないと落ち込んでいる人は、食後するに運動を始めるのをやめてみましょう。

もし、どうしても食後に運動しなければならない時は、コーヒーや緑茶などカフェインが入っているドリンクを飲むことで運動直後から脂肪燃焼する期待が持てます。

カフェインには、脂肪分解酵素を刺激する働きがあるので、効率よく脂肪を燃焼させてくれるのです。


いかがでしたか?

今回は、運動しても痩せない理由を3つとその改善策もあわせてご紹介しました。

せっかく運動をダイエットに取り入れてるのですから、効率よく脂肪を燃焼したいですよね!

運動時間や、運動強度に気をつけてどんどん脂肪を燃やして行きましょう。

今売れている酵素ドリンク
ベジライフ酵素液

個人の体験などをもとにした内容となっています。記事を参考にダイエットをお試しの際は、健康状態や安全面に十分配慮のうえ、正しい方法でおこなってください。

↑ このページの上部へ