油、砂糖水を舐めると痩せる?シャングリラダイエット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

シャングリラダイエットと言っても、日本ではあまり聞いたことのないダイエット方法だと思います。
しかし、発祥の地アメリカでは、一大ブームとなり、成功者が続出している有名なダイエット方法なのです。

考案者は、カリフォルニア大学の心理学教授セス・ロバーツ氏。

シャングリラダイエットを一口で説明すると、「食間に油か砂糖水を舐める」と言った、一見不思議な方法です。

どうしてダイエットの大敵である油か砂糖で痩せられるのか?ちょっと理解に苦しむところです。

セス・ロバーツ氏は、
「食間に油か砂糖水を摂取すると、脳に満足感が与えられ、食欲をコントロールすることができる」
と言っています。

この油と砂糖で食欲がコントロールできる理屈を順を追って説明します。

セットポイントを理解しよう

シャングリラダイエットを行う上で重要なポイントとなるのが、「セットポイント」と言う言葉です。

セットポイントとは「脳が無意識に感じている適正体重」のこと。
脳はこのセットポイントの体重になるように食欲をコントロールするのだそうです。

セットポイントは、自分がなりたい理想体重ではなく、あくまでも脳がベストだと思った体重。
つまり、現在50キロの女性が、45キロになりたいとダイエットしても、セットポイントが50キロならば、脳は50キロを保とうと働きかけ、体重が減ったとしても元に戻すために食欲を増加させてしまうのです。

このように、セットポイントが自分がなりたい理想値よりも高ければ、脳の意思に反してダイエットをしなければならず、痩せるのがむずかしくなります。

この理屈から言うと、適正体重よりも痩せたいと思っている人は、無理なくダイエットすることは不可能に思えます。

しかし、シャングリラダイエットの考案者セス・ロバーツ氏は、このセットポイントの性質を利用して「脳に適正体重を勘違い」させれば、簡単に痩せられると考えました。

セットポイントを利用して痩せるには?

脳はセットポイントに合わせて食欲をコントロールするので、セットポイントが下がれば、食欲をセーブしてくれます。

セットポイントを下げる方法は、何も食べないでいることです。
何も食べないでいると飢餓状態になるため、脳はセットポイントを下げることによって、生命の危機を回避しようとします。

しかし、何も食べないでいるのは不可能です。

そこで、セス・ロバーツ氏は、カロリーは摂りつつ、脳に「何も食べていない」と勘違いさせればセットポイントだけが下がる、と考えました。

ここで、油や砂糖水の登場です。

脳が「食べた」と認識するのは味や匂いのある食べ物だそうです。
そこで、油や砂糖水と言ったカロリーはあるけど味気ない食べ物を摂取することによって、脳は「何も食べてない、カロリーを摂っていない」と認識し、セットポイントを下げて飢餓に備えようとします。

実際にはカロリーを摂取しているので体が危険にさらされることはありません。
セットポイントが下がるので、当然食欲は抑えられ、努力しないで痩せることができるのです。

シャングリラダイエット・実践編

油か砂糖水どちらかを食間に舐めるだけ。細かいルールは以下に記載します。

使用する油・砂糖

脳に「食べてない」と勘違いさせるのが目的なので、使用する油や砂糖は、風味のない無味無臭のものを選びましょう。
エクストラ・バージン・オリーブオイルや黒砂糖などは体に良さ気ですが、風味が豊かなので避けます。
油なら、しそ油、キャノーラ油、エクストラ・ライト・オリーブオイルなどを、砂糖なら、上白糖やグラニュー糖など、ご家庭にあるものが利用できます。

使用量

目標の減量値によって1日の使用量は異なります。

  • 9kg以下の場合・・・・・油 大さじ1と1/2、砂糖 大さじ4と2/3
  • 9~18kgの場合・・・・・油 大さじ3、砂糖 大さじ9と1/2
  • s18kg以上の場合・・・・・油 大さじ3と1/2、砂糖 大さじ10と2/3

上記の量を1日1回~3回に分けて摂取します。
分けて飲む場合は、朝食~昼食、昼食~夕食、夕食~寝る前の間に摂取します。

その他のルール

  • 油、砂糖水は、食前・食後60分を空けて摂取する
  • 油、砂糖水はほかの食べ物と一緒に摂取しない
  • 食事の前後1時間は、水以外飲んではいけない

メタボ女優も成功!

テレビ番組「ドリーム・プレス社」で女優の渡辺えりさんがシャングリラダイエットを実践し、40日間で3.4キロの減量に成功しています。

渡辺えりさんはエクストラ・ライト・オリーブオイルを使用し、3日目くらいから食欲の減退を実感したようです。
我慢が必要ないダイエット方法で3.4キロ減は上々なのではないでしょうか。

ダイエットによるストレスがたまらないので、長期間続けることもできるので大幅減量も可能だと思います。

個人の体験などをもとにした内容となっています。記事を参考にダイエットをお試しの際は、健康状態や安全面に十分配慮のうえ、正しい方法でおこなってください。

↑ このページの上部へ