ダイエット中も朝食をしっかり食べるべき理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

1日の摂取カロリーを少なくするために、ダイエット中は朝食を食べないという人はいませんか?

また、もともと朝は忙しいし、食欲もないので何も食べないで出かけるという人もいるのではないでしょうか。

「午前中は排出がメインとなるので消化に負担がかかる食事はとらない方がいい」という声があがったこともありましたよね。

しかし、太りにくい体を目指すなら、朝食はしっかりとった方がいいという意見が今、再び増えてきています。

ここでダイエット中も朝食をしっかり食べたほうがいい理由について詳しく説明しましょう。

朝食を食べることのメリットとは

まず朝食を食べることのメリットをあげてみましょう。

(1)体温をあげて1日の代謝をアップさせることができる

夜は活動量が低下するため、体温が低下します。睡眠に入ると体温はさらに低下し、体の中で作られるエネルギーの量や代謝も同時に下がることになります。

ぐっすり眠るほど体温は下がるので、朝はしっかりと体温を上げて代謝もアップさせる必要があるのです。

もし朝食を抜いて、代謝が下がったまま1日がスタートするとどうなるでしょうか。前日の夕食からランチまで食事時間が空くことで、体は一時的に飢餓状態となります。

飢餓状態になると次に食事を摂ったとき体は「次に食べられるのはいつか分からない」と判断し、食べたものを脂肪として溜め込もうとするのです。

(2)エネルギーが作られることで午前中、きびきび動ける

エネルギー補給も朝食の重要な役割のひとつです。ごはんやパンなどの炭水化物に含まれる糖質はエネルギーの元となる大事な栄養素でもあります。

糖質が不足すると、フラフラすることからも分かるように、朝食を抜くと午前中の活動に支障が出ることもあるでしょう。

また糖質は脳の唯一のエネルギー元にもなるため、仕事や家事の集中力も低下します。お腹がすいてぼーっとするのにはこうした理由があったのです。

午前中のパフォーマンスを上げるなら朝食で炭水化物を摂るのがオススメです。

(3)間食の防止やランチの食べ過ぎを防ぐ

朝食を抜くとどうしてもお昼前にお腹が空いてしまうもの。コンビニで買ったお菓子をちょこちょこ食べたりしていませんか?

カロリーが高いわりに栄養価の低いお菓子などで空腹をごまかすなら、栄養価の高い朝食を食べた方が体にもダイエットにもずっといいのです。

間食ががまんできたとしても、ランチを摂る頃にはお腹がペコペコ、丼ものや麺類をがっつり書き込んだあと、コンビニでデザートまで…。

(1)でも説明したように、飢餓に陥ったと錯覚した体はこのようなボリューミーなランチを脂肪に溜め込もうとする性質があるため、注意が必要なのです。

どんな朝食を食べたらいい?

では、朝食のメニューはどんなものを選べばよいでしょうか。大切なのは以下の3つのポイントです。

  • 体温を上げる温かいもの
  • エネルギーの元のなる糖質(炭水化物)
  • 熱を作り出し、筋肉のもととのあるたんぱく質

トーストにコーヒーだけでは栄養が足りませんし、グリーンスムージーやシリアルだけでは体温があがりません。

理想的なのは

  • 温かいご飯(玄米がベスト)をお茶碗に軽く1杯
  • 納豆または半熟卵
  • ぬか漬け
  • 野菜入りの味噌汁

といった純和風の朝食です。ご飯で炭水化物を、納豆か卵でたんぱく質を、ビタミンや抗酸化物質を含む野菜をぬか漬けや味噌汁で摂れば、まさにパーファクト。

ダイエット中はたんぱく質が不足しやすいので、豆腐や納豆などからこまめに摂るようにしましょう。

また日中、紫外線を浴びる・ストレスにさらされる・タバコを吸うなどして発生する活性酸素に対抗するためにも、朝食で抗酸化物質を摂ることはアンチエイジングや美容の面からもオススメできます。

太りにくい体作りを心がけている方は、少しだけ早起きしてきちんと食事を摂ってみましょう。

朝からパワー全開のエネルギッシュな1日をスタートさせることでダイエットにも役立ってくれるはずですよ。

個人の体験などをもとにした内容となっています。記事を参考にダイエットをお試しの際は、健康状態や安全面に十分配慮のうえ、正しい方法でおこなってください。

↑ このページの上部へ