冷えとむくみでカチカチ状態…冬のむくみ予防策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

冬は冷えとむくみのタブルパンチで女性には辛い季節です。
冷えだけでも辛いのに、むくみまで起きるとブーツも帰りにはキツくなり歩くのも一苦労していまいますね。

夏と違い、冷えからやってくるむくみは改善しにくいものです。
そんな憎きむくみを何とかしたい!そんな人は必見です。

冷えだけじゃない!冬だからむくむ

冷え性な人は足の筋肉もカチカチになっていませんか?
氷のように冷えた足に、パンパンになった足は血行が悪くなり血液とリンパの流れが悪くなることで起こります。
夏と違って、筋肉も張っているので改善が難しいのです。

原因1・代謝機能が低下している

基礎代謝は、個人差がありますがダイエットや運動不足で代謝が悪くなりやすいもの。
過度なダイエットを続けると基礎代謝が低下したままになり、筋肉が固くなって脂肪が燃焼しにくくなります。
行動範囲も狭くなりますし、積極的に運動しなくなる季節は冷えとむくみが現れやすくなるのです。

原因2・水分不足

夏場と違い、汗をかかない冬場は水分摂取が少なくなります。
飲んでいるつもりのコーヒーは、水分とは別。

お茶や水(白湯)をたっぷりと飲むことが大切ですが、意外に飲んでいない人が多いですね。
水分は体の老廃物を出すだけでなく、体の代謝を正常に働かせる為や血行を促す為には必要なもの。
意識して水分を取るようにしていきましょう。

冬場のむくみの改善

冬場は、暖房で暖めても体は中々温まりません。
体を冷やさない事もそうですが、普段から体を温める事が大切です。

体を温める努力を

自宅のお風呂なら半身浴が効果的ですが、温泉効果は非常に高いもの。
休日は、温泉で体を温めて根本的に体質を変えていくというのもいいですね。
芯から温める事がで体質改善に繋がります。

また、ストレッチも大切ですが、むくみやすい下半身は、足を動かすのが一番効果が現れるので、歩いたり、家の中での踏み台昇降や踵上げで、ふくらはぎの筋肉を柔らかくして血液を心臓に戻すようにしてください。

温野菜をしっかりと

野菜は代謝アップには欠かせませんが、生の野菜は体を冷やしてしまいます。
スープやポトフなどの温かいもので野菜を食べましょう。
生姜や唐辛子も発汗作用がありますが、一瞬だけのものなので根本的な解決にはなりません。
体を温めるには毎日少しずつでも温野菜を続けて、根本的な冷えを改善していく必要があるのです。


水分を積極的に取り、体を冷やさないようにする、温めることを意識して運動をする事で冷えとむくみを改善してください。
小さな事から始めるのが、自分の足のむくみを軽減します。
ストレッチは習慣つけて、体を意識しておけばむくみ知らずの美脚も夢ではなくなるのです。

今売れているむくみサプリ
するるのおめぐ実

個人の体験などをもとにした内容となっています。記事を参考にダイエットをお試しの際は、健康状態や安全面に十分配慮のうえ、正しい方法でおこなってください。

↑ このページの上部へ