便秘解消の基本の基本・善玉菌の増やし方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

トイレでどんなに頑張っても・・・出ない!! つらーい便秘は美容にも健康にもダイエットにも悪影響を及ぼします。

とくに慢性的な便秘に悩まされている人は消化器官の働きが低下している人が多く、食事によって摂取された栄養素の消化・吸収・排出にとても長い時間がかかってしまいます。

すると、体の中には消化不良の食べ物や食物の残りかすなどの不純物がどんどんと溜まっていき便秘は悪化する一方です。

身体の中から健康的な毎日を過ごすためには、腸内の環境を整え便秘の改善が重要!

そこで、便秘の改善に効果的な成分に注目してみました。

便秘の原因は腸内環境の悪化

日本人の女性で便秘に悩む人はとても多く、女性の半数以上が一度は便秘に悩んだことがあるそうです。
女性が男性にくらべて、便秘になりやすく原因は女性ホルモンの関係や腹筋の弱さ、無理なダイエット、ストレスなど様々。
しかし、どんな理由であれ便秘を引き起こしている直接の原因は大腸内に存在している”悪玉菌・善玉菌・日和菌“といった腸内細菌のバランスが崩れている”ことです。

この3つの細菌にはそれぞれ役割があり、

善玉菌
腸内細菌のバランスをコントロールし食物の消化吸収を促進し、腸の働きを整える。
悪玉菌
腸内に溜まった不純物を腐敗させ有毒なガスを発生。それによって善玉菌が減少し腸の働きが鈍くなり便秘になる。
日和菌
腸内環境が正常に保たれているときは無害ですが、悪玉菌が優勢になった途端に悪玉菌の見方をして一緒に悪さを始める。

このように悪玉菌が増え善玉菌が減少することで便秘は起こります。
そこで、便秘を身体の中から解消するには善玉菌を増やし悪玉菌を減らす便秘解消成分を積極的に摂取する必要があのです。

便秘解消成分を取り入れて腸内環境正常化!

まず、便秘解消の一番有名な成分は海藻類やこんにゃく、ゴボウやニンジンなどに豊富な“食物繊維”ですよね。
食物繊維は、身体に有害となる毒素を吸着し、便を柔らかくしながら腸の中で膨らみ腸の働きを活発にすることでスムーズな排便を促す効果があります。

次に糖類の一種、オリゴ糖の成分です。
オリゴ糖は腸内環境の改善にとても優れた働きをする成分の1つ。
オリゴ糖は腸内に到達すると善玉菌の一種であるビフィズス菌のエサとなり善玉菌の増加をサポートし悪玉菌を減少させる働きを持ちます。

また、レモンや梅ぼしに含まれるクエン酸も便秘解消には欠かせません。
クエン酸は鈍ってしまった腸の蠕動運動を促す作用があり、腸の働きが活発になることでスムーズな排泄を促してくれます。 また殺菌効果で悪玉菌を減少させ腸内の環境を整えます。

このように、環境を正常に改善してくれる成分を積極的に取り入れ便秘知らずの健康な腸内環境を維持しましょう。

今売れている便秘解消サプリ
おなか端麗

個人の体験などをもとにした内容となっています。記事を参考にダイエットをお試しの際は、健康状態や安全面に十分配慮のうえ、正しい方法でおこなってください。

↑ このページの上部へ