憎きセルライト、食べ物や生活習慣の見直しで改善できる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

みなさんは「セルライト」をご存知でしょうか?

言わずもがな、あのボコボコとした肌質を作り出してしまう醜い脂肪の塊です。
セルライトというのはただ単に脂肪が固まっているだけではなく、さらに排出されなかった老廃物がくっついてしまっている状態なんです。

血流やリンパの流れが悪くなることで老廃物がスムーズに体の外に出ていくことができないとセルライトができる土台が生まれます。

では、セルライトを少しでも防ぐため・解消するためにどのようなことをすれば良いのでしょうか?
いきなりエステなどに行って退治するのではなく、これ以上増やさないという意味も込めて、まずは食生活などの生活習慣を見直してみましょう。

血行不良を食生活で解消!

まず、セルライトができてしまう大きな原因として、血行不良があります。

この血行不良ですが、冷えやストレスなどはもちろんのこと、食生活の乱れによっても起こります。
たとえば、よく言われている「ドロドロ血」は脂っこい食べ物をよく食べる方や、外食をよくする方に多いと言われています。
また、魚や野菜をあまり食べず、よく肉を食べるという方もドロドロ血になりやすいと言われていますよね。

魚、特に秋刀魚、サバなどの脂がたっぷり乗った青魚は血液のスムーズな流れをサポートする「EPA(エイコサペンタエン酸)」がたっぷりと含まれています。
この成分は、動脈硬化や高脂血症などの治療薬としても使われているほどのパワーを持つ成分です。

塩分の摂り過ぎはセルライトにつながる!?

そして、塩分の多い食事を摂っているという方もご注意を。

塩分の多い食事を続けているとむくんだり、高脂血症や血圧の上昇、さまざまな不調が現れてきます。
体が水分不足になって血液の流れも悪くなってきますから、やはりセルライトができてしまう環境を作り出してしまうことになります。

塩分の摂り過ぎが気になっている…という方は、水分を少し多めに摂るように心がけたり、塩分と余分な水分を一緒に排出してくれる「カリウム」を含んだ食べ物を摂ると良いでしょう。
生野菜や果物などに多いので、今流行しているスムージーにして飲めば不足分を一気に補うことができます。

もちろん、こういった食べ物を摂るだけでセルライトがなくなる…ということではありませんが、やはりセルライトを少しでもできにくくするためには必要なことです。
脂肪や老廃物の塊が体にできてしまわないように、いつも体の中を清浄に保っておきたいものですね。

個人の体験などをもとにした内容となっています。記事を参考にダイエットをお試しの際は、健康状態や安全面に十分配慮のうえ、正しい方法でおこなってください。

↑ このページの上部へ