ダイエット中の気になる「脂」には烏龍茶ポリフェノール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ポリフェノールはさまざまな食品や飲料に含まれており、美容と健康に大きく貢献してくれるといわれています。

中でも烏龍茶ポリフェノールは、食事に含まれる脂肪分を体外に排出させる働きを持っているため、普段の食事だけではなくダイエット時のお茶としても最適であると考えられます。

では、烏龍茶ポリフェノールとは、いったいどのような成分なのでしょうか?

烏龍茶ポリフェノールとは?

ポリフェノールはカテキンの一種で、緑茶や烏龍茶などに多く含まれています。

緑茶と烏龍茶は同じ茶葉が原材料となっていますが、緑茶が不発酵という製法で製造されるのに対し、烏龍茶は半発酵という製法で製造されており、烏龍茶のほうがより多くのポリフェノールを含むといわれています。

緑茶の製造方法は極めてシンプルで、摘み取った若葉を蒸し、揉んでから乾かします。

これが烏龍茶になると、摘み取った茶葉をいったんしおれさせ、その後に炒る、揉む、乾かすという工程を経て製造されます。

この製造工程の違いが、ポリフェノールの量を決定するものとなります。

ダイエットや健康への作用能とは?

まず、脂肪を消化する役割を持つ酵素であるリパーゼの働きを阻害するため、脂肪の吸収を抑制します。

また、血中の中性脂肪を減らす効果があるため、コレステロール値の正常化や肥満防止などの効果を期待することができます。

また、体内に取り込まれた脂肪分を体外に排出する働きも持っているため、便秘の予防や改善、美肌効果なども期待することができます。

烏龍茶を飲んでいれば痩せる?

脂肪の吸収を抑えると聞いてしまうと、烏龍茶さえ飲んでいれば痩せることができると考えてしまう方がいます。ですが、それは間違いです。

いくら烏龍茶を飲み続けているとしても、毎日毎晩脂肪分を多く含む高カロリー食を続けていたのでは、痩せるどころか太ってしまうでしょう。

つまり、烏龍茶の摂取が免罪符になるということではないということです。

特にお酒の席が多い方は、居酒屋さんメニューの定番である唐揚げなど、油っこい料理を食べ過ぎてしまわないよう、気をつけて下さいね。

烏龍茶ダイエットの注意点

食品を摂取せず、ひたすら烏龍茶だけを飲み続けてダイエットを行う方がいるという話を耳にしたことがあります。

ほんの数日間であれば、この方法でダイエットを行ったとしても、健康上の大きな問題が生じるとは考えにくいのですが、これを長期に渡って継続した場合には、吐き気などの症状が現れ、大変危険です。

烏龍茶ダイエットを行う場合であっても、食品は必ず摂取して下さいね。


今売れているダイエット茶
スルスル茶

個人の体験などをもとにした内容となっています。記事を参考にダイエットをお試しの際は、健康状態や安全面に十分配慮のうえ、正しい方法でおこなってください。

↑ このページの上部へ