目的はむくみ?カロリー?ダイエットサプリの正しい活用方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ちょっとびっくりするような謳い文句のダイエットサプリをよく目にします。
そのようなダイエットサプリは「飲むだけで痩せる」、「食事制限の辛さから解放されてラクラク痩せる」など、痩せたいと説に願う方がすぐさま飛びつきそうな謳い文句を前面に掲げて販売されています。

ですが、落ち着いて考えてみると、好きなだけ食べたいものを食べて痩せるって、ちょっと怖くないですか?

もしそれが真実であるなら、そのダイエットサプリは劇薬以外のなんでもないと考えることができないでしょうか?

ですが、ダイエットサプリは食品であって、薬ではありません。

ダイエットサプリを試そうとお考えの方は、まずこの部分をきちんと認識しておきましょう。

ダイエットサプリで痩せない理由

理由のひとつとしてあげられるのは、「頼りすぎている」と言う点。

ダイエットサプリの中には、「カプサイシン」、「ギムネマ」、「白インゲンエキス」など、ダイエット効果が高いとされる成分が多く含まれており、正しいダイエットのサポート役としてこのような成分を摂取するのであれば、多少なりともダイエットの効果を実感することができるでしょう。

ですが、それらの成分は「痩せ薬」ではありません。

つまり、どれだけ素晴らしいダイエット効果を持った成分を摂取したとしても、あなたご自身がまったくカロリーや摂取する食事の内容に気を配らなかったのであれば、それらは十分な効果を発揮することができないでしょう。

ぴったりのサプリを選んでますか?

また、意外に見落としがちなのが、あなたの太った原因に適していないサプリを選んでいる、と言う点。

カロリーブロック系にも様々な種類があり、カロリーオーバーの原因が「ご飯をよく食べるから」なのに、揚げ物やお肉の脂身など脂質をカットするキトサンサプリを飲んでいても、大きな効果は期待できません。

また、そもそも、カロリーオーバーが太った原因なのでしょうか?

女性に多いのが下半身太りですが、この場合、むくみや運動不足を解消する方がサイズダウンに貢献します。ただカロリーカットするだけだと、元々太っていない上半身まで痩せてしまい、スタイルが良くなったとは言えません。

ダイエットサプリを選ぶなら食べ過ぎならカロリーブロック、セルライトや下半身太りならむくみサプリ、中年太りなら基礎代謝を上げるサプリ、など、目的に合わせて選ぶ事をすすめします。

ダイエットサプリで痩せたいのであれば

サプリメントの効果・効能に頼りっきりではいけません。
基本として食事の内容と摂取カロリーに気をつけましょう。ダイエットサプリは「栄養補助食品」であるため、ダイエット時に不足しがちな栄養素を補うために摂取するものであるとこころえ、それだけで痩せることができるとは考えないことです。

いかなる場合であっても、過剰に摂取したカロリーがダイエットサプリによって全て燃焼されるなどという都合のよい現象は起こりません。

ダイエットサプリを摂取する際の注意点とは?

現在、さまざまなダイエットの有効成分を含むダイエットサプリが販売されていますが、製品によっては胃の内部を荒らす可能性のあるものや、アレルギー反応が起こる可能性のあるものなどもあり、すべての方に対応していないものがあります。

あなたが現在、なんらかの内臓疾患やアレルギーなどをお持ちなのであれば、そのダイエットサプリがあなたにとって安全なものなのかどうかということを確認しておくことが必要です。

そして、かかりつけの病院があるのであれば、医師の指示に従い正しく摂取することを心がけて下さいね。

個人の体験などをもとにした内容となっています。記事を参考にダイエットをお試しの際は、健康状態や安全面に十分配慮のうえ、正しい方法でおこなってください。

↑ このページの上部へ