プロテインの種類とダイエットへの役割について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

プロテインで筋肉増量、プロテインでダイエットなどという言葉を見聞きしたことのある方は多いのではないかと思います。

プロテインとは、簡単に言ってしまうと「タンパク質」のこと。そして、そのタンパク質は原料によって動物性と植物性とがあり、それぞれの特性も異なります。

それでは、これら2種類の違いをお話させて頂くとともに、プロテインを上手に利用したダイエットについてご紹介させて頂くことにします。

動物性プロテインとは?

牛乳を主原料とした「ホエイプロテイン」、「カゼインプロテイン」、卵を主原料とした「エッグプロテイン」があります。

現在、エッグプロテインは希少価値が高く非常に入手しにくい状態となっているため、ここではホエイとカゼインについてご説明させて頂くこととにします。

ホエイプロテインは非常に消化・吸収に優れているという特性を持っており、トレーニングを行いながら素早く筋肉を増量させたい方に向いています。

一方、カゼインプロテインもまた、筋肉の増量に役立ちますが、ホエイよりも消化吸収が遅く、満腹感が持続するという特性を持っているため、筋肉の増量目的というより、過食防止のサポート役として考えるのが適切でしょう。

ただし、これらのプロテインを摂取したとしても、トレーニングを行わなかった場合には、自動的に筋肉が増量することはありません。

植物性プロテインとは?

大豆を主原料としたもので、消化・吸収が遅く腹もちがよいということから、動物性よりもダイエットに適していると考えることができます。

また、大豆には大豆イソフラボンという成分が含まれており、女性ホルモンの一種であるエストロゲンと似たような働きが期待できるので、ダイエットばかりではなく、美肌効果や更年期障害の症状の緩和などにも役立ちます。

植物性プロテインは、高タンパク、低カロリーでダイエットに適してはいますが、これによりダイエットを行うのであれば、食事のカロリーにも気を配る必要があります。

上手な摂取方法としては、1日1食をプロテインに置き換え、残りの食事は栄養バランスの整った低カロリー食で過ごすということ。

また、プロテインは栄養補助食品であり、痩せる薬ではありません。

つまり、このプロテインを飲めば痩せるというものではないということを知った上で、正しく摂取する必要があるということです。

カロリーオーバーとなった場合には、プロテインの摂取により太ってしまうこともありますので、十分に注意しましょう。

主原料に注意しましょう

筋肉の増量と共に、ダイエットサポートの役割を果たすプロテイン。

これらは、5大アレルゲン(牛乳、卵、大豆、小麦、米)を含む食品を主原料としているため、アレルギーの方は摂取することができません。

アレルギー症状やアレルギーの疑いのある方は、いきなりプロテインを摂取することを控え、アレルギー検査で陽性反応が現れなかった場合にのみ、摂取するようにして下さいね。

個人の体験などをもとにした内容となっています。記事を参考にダイエットをお試しの際は、健康状態や安全面に十分配慮のうえ、正しい方法でおこなってください。

↑ このページの上部へ