妊娠中の肥満・妊娠性高血圧症候群の恐怖

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

妊娠初期、女性の身体にはさまざまな変化が現れます。

中でも多いのが、つわりの問題なのではないでしょうか。つわりが起こるはっきりとした原因は究明されていませんが、激しい嘔吐、食品に対する嫌悪感などが代表的な症状として挙げられます。

つまり、嘔吐が苦しくて食品を口にすることができなくなってしまったり、食品を見たり匂いを感じただけで具合が悪くなってしまったりすることが多くなるということですね。

ところが、ひとたび安定期に突入すると、つわりの症状が緩和され、猛烈な食欲が湧くようになります。

これは、あなたとお腹の赤ちゃんの健康を維持する上で大いに結構なことではありますが、ここで調子に乗って過食してはいけません。

つい加食してしまった結果、あなたを待ち受けているものは肥満です。

妊娠高血圧症候群をご存知ですか?

以前では妊娠中毒症と呼ばれていた、妊娠中に現れやすい病気です。

この病気を発症すると、尿蛋白の現出、浮腫(ふしゅ・むくみ)の症状が現れることが多く、重症度か高くなった場合には自然分娩が不可能な状態となり、帝王切開を余儀なくされます。

妊娠性高血圧症候群を発症する原因はさまざまですが、肥満もその原因のひとつに挙げられています。

妊娠中期から後期にかけて発症する方が多いといわれている妊娠性高血圧症候群は、食生活でいくらでも予防することが可能ですので、あなたとお腹の赤ちゃんの健康を考えるのであれば、過食による肥満を回避することがなによりの予防策となります。

妊娠性高血圧症候群の後遺症とは?

あなたとお腹の赤ちゃんの健康を脅かす可能性を秘めた妊娠性高血圧症候群は、なんとしてでも避けて通りたいものですよね。

実は、この病気をひとたび発症してしまうと、産後にも上昇した血圧がいつまでも正常値に戻らずに、慢性的な高血圧の状態が続く、浮腫が改善されないなどの症状が慢性的に続いてしまうという後遺症が残ってしまうことがあるんです。

このような状態は、動脈硬化の原因となることもあり、さらなる別の病気を発症する引き金ともなりかねません。

あなたがそのような身体の状態となってしまったら、赤ちゃんのお世話どころではなくなってしまうでしょう。

妊娠中の肥満には、本当に注意を払わなければなりません。

それには、妊娠中期以降の過食を避けること、体調のよいときには散歩などの軽い運動を行うことなど、ご自身の努力も大切です。

また、妊娠すると「自分と赤ちゃんの二人分食べないと!」と張り切って食べ続けてしまう方がいますが、妊娠中に必要なのは二人分の栄養素であって、二人分の食事の量やカロリーではありません。

栄養不足はもってのほかですが、カロリー過多はもっといけません。

肥満を避け、健康な状態で丈夫な赤ちゃんを出産できるよう、ご自身で行える努力を、妊娠中の生活の中にぜひ取り入れてみて下さいね。

個人の体験などをもとにした内容となっています。記事を参考にダイエットをお試しの際は、健康状態や安全面に十分配慮のうえ、正しい方法でおこなってください。

↑ このページの上部へ